申し分のない設備やサービスに加え、個性と風格、逸話を有する宿。
「名門の宿」は世界各地のホテルや旅館を体験したmoment編集室によるセレクションでお届けします。

名門の宿 第10回
マンダリン オリエンタル バンコク (タイ)

Mandarin Oriental, Bangkok

撮影・岡村昌宏 文・moment編集室

2016年に開業140周年を迎えた「マンダリン オリエンタル バンコク」。街の中心を流れるチャオプラヤ川沿いに建ち、歴代の首脳や王室ほか各界の著名人をもてなしてきたタイ屈指の名門ホテルだ。

多くの文豪を魅了した、伝説のラグジュアリーホテル

本文を読む

2016年に開業140周年を迎えた「マンダリン オリエンタル バンコク」。街の中心を流れるチャオプラヤ川沿いに建ち、歴代の首脳や王室ほか各界の著名人をもてなしてきたタイ屈指の名門ホテルだ。20世紀初頭の文豪に愛された宿でもあり、サマセット・モーム、ジョゼフ・コンラッド、ジョン・ル・カレ、グレアム・グリーンなど錚々たる作家が顧客に名を連ねている。

本文を読む

ホテルは、創業時の趣を残すオーサーズ ウィングを中心に3棟からなり、スイートを含む368の客室はほぼ全てチャオプラヤ川の雄大な流れが望めるリバービュー。タイ様式をベースにした優雅な客室には鮮やかな花々や観葉植物が配され、心和む空間を演出している。

著名な作家の名を冠した「オーサーズ スイート」は、同ホテルならではのラグジュアリーな客室だ。『第三の男』『権力と栄光』などで知られるグレアム・グリーンとその作品をイメージしたスイートやスパイ小説の第一人者、ジョン・ル・カレの名がついたスイートなど、お気に入りのオーサーズ スイートに泊まるためにタイに来る、という顧客も多い。

本文を読む

宿泊ゲストのみならず、観光客の憧れとなっているのが、オーサーズ ラウンジで供されるアフタヌーンティーだろう。スコーンやサンドイッチといった伝統的な英国式メニューに加えてタイ式の軽食やスイーツが並び、カラフルでボリュームも満点。ラウンジ内にはホテルを彩るセレブリティの写真が随所に飾られており、歴史の重みを感じながらゆったりと午後のひとときを過ごせるだろう。

本文を読む

専用ボートで対岸に渡ると、ホリスティック・トリートメントの先駆者として知られるオリエンタル・スパに到着。瀟洒な別荘のような佇まいの建物は約100年前のチーク材の家屋を復元したもので、“ワイ”のポーズで迎えてくれるスタッフに導かれて中に入れば、広々とした共有スペースに18のトリートメントルームや瞑想ルームなどが点在する。ハーブの香りに包まれながら、“バンコク随一”とも称される極上の施術を心ゆくまで楽しみたい。

Mandarin Oriental, Bangkok

マンダリン オリエンタル バンコク

住所:48 Oriental Avenue Bangkok 10500 Thailand
電話:66-2-659-9000
URLhttp://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/

(2016年8月/取材は2012年12月)