Car

LEXUS SHOWCASE
LEXUS、お客様に新しい価値のご提供を目指す、多様化と電動化のクルマづくりの方向性を発表

LEXUSは9月15日(金)と16日(土)、報道関係者向けイベント「LEXUS SHOWCASE(レクサスショーケース)」を開催し、LEXUSブランドの多様化と電動化に関する発信を行いました。Lexus International Presidentの渡辺 剛が、多様化するお客様や地域のニーズに寄り添う新しいモデルラインアップと、カーボンニュートラル社会の実現を目指し、バッテリーEV開発と普及に挑戦するレクサスのクルマづくりや取り組みの方向性を語りました。

Lexus International President 渡辺 剛×新型LM(プロトタイプ)/新型LBX(プロトタイプ)/新型GX(プロトタイプ)

レクサスショーケースでは、2023年前半にワールドプレミアを行った、新しいラグジュアリーの価値提供を目指すモデルラインアップを国内初披露しました。また、自然との共生を目指し、環境への配慮とエンジン車ならではの走りの楽しさを両立する、水素エンジンを搭載したROV Concept(※1)のお客様向け体験プログラム(※2)開始を発表。加えて、クルマ屋LEXUSらしいバッテリーEVのドライビング体験のご提供を目指して現在開発中の、電動化技術を活用したクルマづくりの方向性を発表しました。

LEXUSは1989年のブランド創業以来、高級車の概念を超え、常に革新に挑戦し続ける“Pushing boundaries”のマインドセットを持ち続け、お客様に新たな技術や価値をご提供してまいりました。ラグジュアリーライフスタイルブランドとして、LEXUSはこれからもお客様のニーズや時代の変化に迅速かつきめ細かくお応えし、お客様を笑顔にするクルマづくりの挑戦を続けてまいります。

多様化

多様化するラグジュアリーの新たな価値の提供を目指して、2023年に発表したモデルラインアップを国内で初披露しました。ショーファードリブンカーの新たな選択肢としての「LM」、サイズのヒエラルキーを超え、本物を知るお客様が素の自分に戻り、気負いなくお乗りいただけるクルマを目指した「LBX」、本格オフローダーでありながら、オンロードにおいても上質で豊かな走りをご提供する「GX」、家族や大切な友人たちと快適に移動ができる3列シートを備えた北米専用SUV「TX」など、世界各国のお客様にお届けしてまいります。なお、GXにつきましては、多くのお客様のご期待とご要望の声を受けて、日本国内でも来年中の発売を予定しています。

新型LM(プロトタイプ)
新型LBX(プロトタイプ)
新型GX(プロトタイプ)
新型TX(プロトタイプ)

また、ROV Concept(以下、ROV)の将来的な実用化に向けた、お客様向け体験プログラムを開始します。ROVの開発では、コンパクトなボディサイズとROVならではの悪路走破性により、乗用車にはない走りの楽しさや、雄大な自然との触れ合いのご提供を目指すとともに、水素エンジンの搭載により、環境への配慮とリアルなエンジンの鼓動を感じ取れる走りの楽しさの両立を目指しています。車両部品には、同じ想いを共有する仲間である関係企業様のご協力のもと、低環境負荷の技術を採用しています。LEXUSは今後も「自然を理解し、ともに楽しむアウトドア体験をお届けしたい」という想いの下、アウトドアライフスタイルを彩るクルマの楽しさと、様々な体験を提供しながら、体験プログラムを通じたお客様のご意見を将来の実用化に向けた技術開発に反映していきます。

ROV Concept

電動化

カーボンニュートラル社会の実現に向けて、LEXUSはバッテリーEVを軸に、取り組みを進めていきます。クルマ屋LEXUSならではの、走りの楽しさと新たなサービスを提供してまいります。約10年にわたり、車両の基本性能や素性を徹底的に鍛え上げ、LEXUSの走りの味磨きに取り組んできました。我々は、バッテリーEVでもLEXUSらしい走りの味を継承し、電動化技術でさらに高いレベルに引き上げてまいります。

電動化のコア技術として取り組んできたのが、四輪駆動力システム「DIRECT4」のシームレスな駆動力コントロールや、「ステアバイワイヤ」による直感的でリニアなステアリングフィールです。人とクルマが一体となった走りの気持ち良さや楽しさを追求し続けてまいります。今年1月の東京オートサロンで発表した、「AE86 BEV Concept」と「RZ SPORT CONCEPT」では、バッテリーEVでも、クルマを操る楽しさや愛車であり続けていくための学びを得るとともに、保有のカーボンニュートラルへの取り組みを進めています。さらに、「Lexus Electrified Sport Concept」を通じて、全個体電池や、空力・軽量化・高剛性など未来の電動化技術の開発を推進してまいります。

さらに、自然環境を考えたサステナブルな取り組みにもチャレンジしていきます。これまでのラグジュアリーの価値観にとらわれることなく、再生素材・人工素材の活用に取り組み、上質で新しい価値や空間を実現していきます。

将来のバッテリーEVの本格的な普及に向けて、「Lexus Electrified Program」を通じて、お客様の困りごとに寄り添うBEVコンシェルジュを全186店舗(※3)へ配備しており、充電インフラの拡充とあわせ、オーナーのライフスタイルを豊かにするサービスや「コト体験」の充実を図ってまいります。

2026年には、車体のモジュール構造を変革し、生産方法を大きく変えるほか、ソフトウェアプラットフォームも全面刷新した、次世代のバッテリーEVをLEXUSから導入します。そしてこのコンセプトモデルを、来月に開幕するJAPAN MOBILITY SHOW 2023でお披露目します。デザインも、LEXUSらしさに徹底的にこだわりました。

LEXUSは、電動化で、クルマの未来を変えていきます。

RZ(プロトタイプ)
RZ(プロトタイプ)

ROVのカーボンニュートラルへの取り組み

企業 項目 開発技術
ヤマハ発動機株式会社 エンジン 水素エンジン(共同開発)
KYB株式会社 ショックアブソーバー 生分解性作動油
コベストロジャパン株式会社 フロントウインドシールド 低炭素樹脂ウインドウ
タキロンシーアイ株式会社
株式会社豊田自動織機
豊田合成株式会社 フロントフード
フロントバンパー
リサイクル樹脂+バイオ素材(CNF)
トヨタ自動車九州株式会社
株式会社ニフコ クリップ 生分解性樹脂
東洋紡エムシー株式会社 シートバックサポーター 三次元網状繊維構造体(水平リサイクル可能)

(※1)ROV Recreational Off highway Vehicleの略。レスポンスの良さと、五感を刺激するサウンドを楽しみながらオフロード車でも行けない場所へ一歩踏み込み、自然と触れ合う事で、自然と共生しながら、走りを楽しむライフスタイルの実現を目指すコンセプトカー
(※2)詳細は順次ご案内予定
(※3)2023年8月末時点

【関連記事】
LEXUS RZ450eのラグジュアリーさを押し上げたデザインと素材の選択。また公道での試乗で感じた“透明感”の正体とは。
LEXUS、新型「GX」を世界初公開-オンからオフまでシーンを選ばず、あらゆる道を走破し、新たな体験を提供する本格オフローダー-
LEXUS、新型「LBX」を世界初公開-高級車の概念を変えるサイズのヒエラルキーを超えた次世代LEXUSモデル-
新型レクサスLM、国内導入決定!史上もっとも充実した移動の時間を「運び、走る」真のラグジュアリー・ムーバーが今秋、凱旋帰国を果たす

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。