Car

LS500h“I package”(ソニックチタニウム)

LEXUS LS
LEXUS、「LS」を一部改良

LEXUSは、「LS」を一部改良し、全国のレクサス店を通じて10月16日に発売すると発表しました。LSは、1989年のブランド創設当時より、フラッグシップモデルとしてLEXUSの礎を築いてきました。「常にイノベーションの精神を貫き、その時代に新たな技術や価値を提供することで変革を起こすクルマ」と位置付け、Always Onの精神でLEXUSの原点である静粛性と乗り心地ならびに、LEXUS独自の乗り味であるLexus Driving Signatureを磨き続けています。

LS500h“EXECUTIVE”(銀影ラスター)<オプション装着車>

今回の一部改良では、フラッグシップモデルとしてたゆまぬ進化を追求しました。走りの面では、ラジエーターサポートブレースの追加(※1)や、Dynamic Rear Steering(DRS)のAWD車への設定拡大(※2)など、操縦安定性と上質な乗り心地のさらなる向上を目指し、細部に至るまでつくり込みを行いました。また、先進性と利便性をより高める機能・装備も拡充。さらに、先進の予防安全技術と高度運転支援技術は、お客様の安全・安心な運転に寄与すべく、運転状況に応じて適切な操作をサポートするプロアクティブドライビングアシストなど一部機能を強化しました。
(※1、2)LS500h“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L Advanced Drive”を除くモデルに設定

ダイナミックステアリング(DRS)作動イメージ

先進の予防安全技術と高度運転支援技術の機能強化

<先進の予防安全技術 Lexus Safety System +>

LEXUSはモビリティ社会の究極の願い「交通事故死傷者ゼロ」を掲げ、安全技術開発を進めています。世界トップレベルの先進安全技術をより早く開発し、より多くのクルマに普及させていくことが重要という考えのもと、今回のLSでは最新のLexus Safety System +を採用(※1)しました。

主な性能向上機能

●プロアクティブドライビングアシスト[PDA(※2)]:「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」など、運転の状況に応じたリスクの先読みを行い、歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようステアリング・ブレーキ操作をサポート。先行車との車間距離が近いときや、前方カーブに対して自車の速度が速い状況では、緩やかに減速支援します。さらに、信号交差点への接近を検出した時には、ウインカー操作に応じてあらかじめ減速を支援し、右左折時の操作余裕確保に貢献。車線内を走行時には常時ステアリングをアシスト。幅広い運転状況に応じた適切な操作サポートを通じて、お客様の安全・安心な運転に寄与します。

●プリクラッシュセーフティ[PCS(※3)]:ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたセンサーを採用し、交差点などでの車両や、横断歩行者/自転車との衝突回避を支援します。また、ドライバーの脇見運転等をシステムが検知した場合、早いタイミングでドライバーへ警告。ドライバーの反応時間を確保し、衝突回避や被害軽減をサポートします。

高度運転支援技術 Lexus Teammate(※4)

高度運転支援技術Lexus Teammateの機能Advanced Drive(渋滞時支援)と、Advanced Park(リモート機能付)を採用(※5)しました。

Advanced Drive(渋滞時支援)の採用

●自動車専用道路での運転において、渋滞時(0km/h~約40km/h)レーダークルーズコントロール及びレーントレーシングアシストの作動中に、ドライバーが前を向いているなど一定の条件を満たすとシステムが作動。認知、判断、操作を支援(※6)することで、ドライバーは渋滞時の疲労軽減が可能となり、より周囲に注意を払った運転が可能になります。

Advanced Drive(渋滞時支援)支援開始
Advanced Drive(渋滞時支援)支援終了

Advanced Park(リモート機能付(※7))

●並列駐車時の支援を拡大したAdvanced Parkを、HEVモデルのLS500hに加えて、ガソリンモデルのLS500にも標準設定。バック駐車に加え、前向き駐車に対応し、車内からの操作で前向き/バック出庫が可能となりました。また、HEVモデルのLS500hには、スマートキー携帯時に、車外から専用アプリをインストールしたスマートフォンを操作することで、駐車および出庫が可能なリモート機能を採用。お子様やご高齢の方を広い場所で乗り降りさせてあげたい時やトランクから荷物を取り出す際など駐車時での使い勝手を向上しています。

(※1)“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L Advanced Drive”を除くモデルに設定。これまで“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L Advanced Drive”に設定のLexus Safety System + Aは、Lexus Safety System +に改称しますが、基本機能に変更はありません
(※2)PDA Proactive Driving Assist
(※3)PCS Pre-Collision System
(※4)Lexus Teammateはトヨタ自動車(株)の登録商標です
(※5)LS500h“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L Advanced Drive”を除くモデルに設定
(※6)Advanced Drive(渋滞時支援)は自動で運転するシステムではありません。システムを過信せず、ドライバーは常に自らの責任で周囲の状況を把握し、いつでも運転操作ができるよう備えてください
(※7)LS500h“EXECUTIVE”、“version L”、“F SPORT”、“I package”に標準設定のAdvanced Parkに採用

先進性と利便性をより高める機能・装備の拡充

●12.3インチフル液晶メーターを採用(※1)しました。メーターパネルの視認性をよくすることで、ドライバーがより運転に集中することができる空間を追求するとともに、運転支援情報の表示を変更し、使い勝手を向上しました。

12.3インチフル液晶メーター

●HEVモデルに、非常時給電システム外部給電アタッチメントを搭載(※2)しました。

●前後方を記録するドライブレコーダーを標準設定(※3)しました。

●専用のスマートフォンアプリをインストールすることで、この機能を有する車両に対してスマートフォンをデジタルキーとして使用可能(※4)となります。スマートフォンを携帯していれば画面操作なしでドアのロック、アンロック、エンジンスタートができ、所有するデジタルキーに対応した車が複数ある場合でも1台のスマートフォンだけで操作できます。スマートフォン間でデジタルキーの受け渡しが可能なため、家族や友人間で離れた場所での車両の貸し借りも容易に行えます。

(※1、2、3)LS500h“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L Advanced Drive”を除くモデルに設定
(※4)LS500/LS500h“EXECUTIVE”に標準設定

メーカー希望小売価格

(単位:円)

エンジン ハイブリッドシステム/トランスミッション 駆動 価格※
(10%消費税込)
LS500h “EXECUTIVE” 8GR-FXS(3.5L V型6気筒) Multi Stage Hybrid System 2WD(FR) 17,100,000
AWD 17,580,000
“version L” 2WD(FR) 15,420,000
AWD 15,900,000
“F SPORT” 2WD(FR) 13,640,000
AWD 14,120,000
“I package” 2WD(FR) 12,400,000
AWD 12,880,000
“EXECUTIVE
Advanced Drive”
AWD 17,990,000
“version L
Advanced Drive”
AWD 16,370,000
LS500 “EXECUTIVE” V35A-FTS(3.5L V型6気筒ツインターボ) Direct Shift-10AT 2WD(FR) 15,640,000
AWD 16,120,000
“version L” 2WD(FR) 13,960,000
AWD 14,440,000
“F SPORT” 2WD(FR) 12,180,000
AWD 12,660,000
“I package” 2WD(FR) 10,940,000
AWD 11,420,000

※北海道地区のみ価格が異なります。またリサイクル料金は含まれません。

LS 車両情報はこちら:https://lexus.jp/models/ls/

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。