Lifestyle

福岡の注目レストラン
九州の食材を使って、イタリア古典料理に新たな息を吹き込む『リストランテフォンタナ』

その地の食材を活かす、“地方性”を大切にしたイタリア古典料理の考え方を大切にしながらも、そこに斬新なアプローチを加える料理で人気の『リストランテフォンタナ』。開業して30年を超える歴史のなかで進化しながら、イタリア料理らしい芯を感じながらも“今”の風を感じる新感覚のイタリア料理に出合うことができます。

Text:Yusuke Kusui
Edit:Misa Yamaji(B.EAT)

福岡・天神の繁華街。その一角にある、福岡トヨタ本社ビル地下のクラシックな雰囲気が漂う扉を開けると、そこに広がるのはミラノの大聖堂を思わせる“非日常な空間”。そう、ここは福岡きっての老舗イタリア料理店『リストランテフォンタナ』です。

オープンキッチンやワインセラーが目を引くメインホール。6名や10名の個室も完備。

『リストランテフォンタナ』がオープンしたのは、まだ福岡にイタリア料理店が少なかった1991年。それ以来、大切な方をお招きするのに最高なリストランテとして数々のビジネスシーンやライフイベントなどで福岡の方々に愛されてきました。

そんな上質な空間を愛するゲストから絶大な信頼を寄せられるリストランテの新たなる顔として、2018年に気鋭の料理人・小川祐樹氏が最年少料理長として就任。翌年には大規模リニューアルするなど、老舗イタリアンでありながらも、常に新しい話題で盛り上がっています。

イタリアの古典料理に新たなる息を吹き込む、料理長の小川祐樹氏。

こちらでいただくことができるのは、小川祐樹氏が作り出すクラシックなメニューをベースに、新たな発想と独自のアプローチを駆使した料理。そんな料理を「レイテスト・クラシック・イタリアン」と名付け、あらゆる考慮の上で自由に仕立てていきます。季節×食材、技術×装飾の数限りない組み合わせに、新たな発見と奥深いイタリア料理です。

使われる食材は、福岡市の近郊、糸島産の野菜や九州近海の魚介類を中心に、九州各地の産地や生産者に料理長自らが足を運んで厳選したもの。それらを使い、イタリア料理の根源でもある“地方らしさ”を大切にした古典料理でありながらも、そこに斬新なアプローチを行うのが小川氏の料理テーマです。

例えば、スペシャリテのひとつである「カプレーゼ」。「カプレーゼ」といえば、モッツァレラチーズとトマト、バジルを並べた南イタリアを代表するサラダのひとつです。

見た目にも美しい、スペシャリテの「カプレーゼ」。

しかし、こちらでは革新的なひと皿に。

糸島「藤浪農園」のトマトは、フレッシュマリネ、セミドライ、コンポート、ピューレと4種に調理され、そこに白ワイン風味のゼリー、ムース状にされたモッツァレラチーズと合わせます。バジルの葉と仕上げには五島列島産の塩をアクセントに。トマトの表情、味わいが一口ごとに変わり、知っている組み合わせであるはずなのにまったく新しい味わいが広がります。

左◇ビーツを練り込んだ手打ちのパスタ。右◇デザートのモンブラン。

一つひとつの料理から発見できる新たなる驚きが、なによりも楽しい。そんなコース料理を、充実のワインやノンアルコールのペアリングコースとともに楽しむのもおすすめです。

このレストランでしか体験できない福岡イタリアンの神髄を、ぜひ味わいに訪れてください。

リストランテフォンタナ

住所:福岡市中央区渡辺通4-8-28 F.TビルB1F
電話:092-732-6678
営業時間:11時30分~14時30分 (ラストオーダー 13時30分)、17時30分~22時 (ラストオーダー 20時30分)
休日:月曜日、第2・4日曜日
URL:https://fontana1991.jp/

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。