Travel

東京の注目レストラン
仏ミシュランガイドで三ツ星、そして世界No.1シェフのレストランが東京・大手町に誕生「CYCLE(スィークル)」

2019年「世界のベストレストラン50」で1位に輝き、同年、フランス版ミシュランガイドで三ツ星を獲得したフランス・マントン「ミラズール」。シェフのマウロ・コラグレコ氏はフランスで初めて外国人として三ツ星を獲得したことで注目を浴びた人物でもある。そんなコラグレコ氏がバンコク、香港に続き東京・大手町に自身の店をオープン。今話題のレストランを取材した。

Text & Edit:Misa Yamaji (B.EAT)

世界的なレストランが東京に進出

2023年の後半から2024年にかけて、世界的に評価の高い国内外のフレンチシェフたちがこぞって東京に店をオープンさせて話題となっている。

その筆頭が、2023年10月に東京・大手町にオープンした「CYCLE(スィークル)」だろう。

「CYCLE」は、南仏マントンにあるミシュランガイド三ツ星レストラン「ミラズール」のマウロ・コラグレコ氏が手がけるレストランだ。

「ミラズール」は2019年には世界のベストレストラン50では見事1位に輝き、同年フランス版ミシュランガイド三ツ星も獲得。コラグレコ氏は、フランス人以外のシェフとして初めて三ツ星を獲得したシェフとなり、一躍注目を集めた。

入り口では南仏を思わせる、樹齢300年のオリーブの木がゲストを迎えてくれる。

街から少しはずれたイタリア国境のすぐ近くの高台に建つ「ミラズール」は、ダイニングから地中海を一望でき、その前には自家果樹園がある。少し離れたところにはベルギー王族の別荘跡地だった場所に作った美しい自家菜園があり、1,000種類以上もの野菜を育てている。

彼らの料理はまさにそんな畑からのインスピレーションから生まれる。バイオダイナミック農法の4つの要素「根、葉、花、果実」をテーマにし、日々収穫される自家菜園の野菜や果樹から最終的な一皿が決まるのだ。

南仏らしい陽光きらめく海を眺めながら、「ミラズール」ならではの素材を活かした料理を味わいたいと、この小さなレストランには毎日世界各国の人びとがこぞって訪れている。

左/「CYCLE」のシェフを務める宮本悠平氏。右/レストランをプロデュースする「ミラズール」シェフのマウロ・コラグレコ氏。

そんな「ミラズール」が大切にする考え方は東京でも変わらない。「CYCLE」という店名には美⾷の体験を通して、常に⽣まれ変わる⾃然の美しさ、食の循環するエネルギーを再表現したいという思いが込められている。

店を任されたのは、「ミラズール」でスーシェフを務めた宮本悠平氏。2019年から「ミラズール」の厨房に入り、⽣命と⾃然のサイクルに結びついたコラグレコ氏の料理とそのフィロソフィーを学んだという。コラグレコ氏とともに、「世界のベストレストラン50」で1位、そしてミシュランガイド三ツ星の獲得という瞬間を分かち合った人物だ。

天井が高く、広い店内。神代栃を使ったテーブルと、フィン・ユールの椅子が木を基調とした店内に馴染む。

宮本氏は、マントンでの日々を「まさに天国のような場所だった」と振り返る。

海にきらめく眩しい陽の光、採れたての野菜のみずみずしさ、もぎたての柑橘のフレッシュな香り・・・。東京では、マントンと同じような環境はないかもしれない。けれど「ミラズール」で働く中で自分が出合った感動を、料理を通じて感じて欲しいと語る。

東京で感じる、フランス・マントンの風

「ターメリック/ニンジン/雲丹」。
主役のニンジンを、ミカンの爽やかな香りと雲丹が引き立てる。

その言葉どおり、どの料理も一口食べるとマントンの景色が浮かんでくるような鮮烈な香りと味わいが幾重にも広がる。

柑橘のフレッシュな香り、野菜から立ち上る大地の味わい。それらを重ねて時に力強く、時に繊細な一皿が登場し、心地よい音楽のようにコースが流れていく。

「里芋/カフェ/帆立」。
帆立の優しい甘みが、土を思い起こさせる里芋の味と融合する。パリッと揚げた里芋の皮がアクセント。

畑から料理が生まれる「ミラズール」同様、「CYCLE」でも野菜を中心とした料理が多い。ゆえに野菜は非常に大切。レストランの隣に農園はないが、千葉のnaemeと提携し、自社の畑を管理している。今はハーブ類やビーツ、豆類、ズッキーニなど少量生産だが、ゆくゆくは栽培量を増やしていきたいという。

またローカルな生産者とのつながりを大切にし、北海道白糠町の蝦夷鹿や唐津のサフラン、シャモは天城軍鶏など顔の見える生産者から仕入れるものも多い。

日本の素晴らしい食材を使い、宮本氏が自身の愛したフランス・マントンを感じる料理に仕立てる。それこそが「CYCLE」の魅力だ。

「ビーツのカルパッチョ」。

「ミラズール」ファンには、同店のスペシャリテ「ビーツのカルパッチョ」やマウロ氏の祖母のレシピで作る「分け合うパン」も食べることができるのも嬉しいところ。

7,000本近くあるというワインのコレクションも圧巻。ぜひコースにあわせてワインも楽しんで欲しい。

CYCLE(スィークル)

住所:東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 1階
電話番号:03-6551-2885
URL:https://cyclerestaurant.com/
営業時間:平日 17時~23時(ラストオーダー 20時)、週末・祝日 11時30分~15時(ラストオーダー 13時)、18時~23時(ラストオーダー 20時)
定休日:月曜日
ランチコース:16,500円(税込み・サービス料別)~
ディナーコース: 26,400円(税込み・サービス料別)~
駐車場:OTEMACHI ONEの駐車場へ

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。