Travel

LEXUS LUXURY HOTEL COLLECTION
福岡初進出の「ザ・リッツ・カールトン」に泊まり、食都の実力を知る

2023年6月に福岡に誕生した「ザ・リッツ・カールトン福岡」は、グローバルなVIPの宿泊にも対応できる品格と規模を備えた福岡初のラグジュアリーホテルとして話題となった。18階以上にある天空のホテルでは、絶景を望む心地よい部屋に加え、美食の面でも力が入る。“食都”福岡が誇る最上級ホテルの魅力をお届けしよう。

Photo: Katsushi Takakura
Edit&Text: Misa Yamaji (B.EAT)

街の中心に位置する天空のホテル

九州の中心都市・福岡に誕生した「ザ・リッツ・カールトン福岡」。2023年6月、世界のVIPを迎える五ツ星クラスホテルの初開業は大きなニュースとなった。

実は、今まで福岡にサミットなどの国際的な会合を招致するにふさわしい国際水準のホテルがほとんどなかった、と聞いて意外に思う人も多いかもしれない。

アライバルロビーの通路。

実際、福岡市は2019年に日本で初めて開催されたG20首脳会議の誘致に声を上げていたが落選。理由のひとつに「各国首脳や海外のVIP招致にふさわしい高級ホテルがない」ということが挙げられた。

そして開催地には、VIPを受け入れられるホテルが充実している大阪市に決まったという苦い経験を持つ。こうしたことからも、「ザ・リッツ・カールトン福岡」の開業は官民上げて力を入れたものだったことが窺えるだろう。

エレベーターを降りると現れる屏風を表現したオブジェ。玄界灘をイメージしている。

「ザ・リッツ・カールトン福岡」が建つのは福岡市の中心地にある「福岡大名ガーデンシティ」内。地下鉄の最寄り駅からは徒歩で5分。空港からはクルマで15分とアクセス抜群の場所だ。

ホテルが入るのは、この建物の18階から上階。申し分のない便利な立地にありながら、一歩中に入れば静寂の世界が広がる。

抜けが気持ちいいロビー階。

18階のロビーに到着し館内を歩けば、窓の外に広がるコンパクトな天神の街並みや海・山を眺めることができる。

インテリアのテーマは「織」。織物の縦糸と横糸が織りなす一枚の布のように、このホテルで福岡の文化や歴史を繋ぐ、という意味が込められているという。そのテーマに沿うように、館内には竹や布、木などのナチュラルな素材で垂直と水平のデザインが効果的にあしらわれている。

「ザ・ロビー・ラウンジ」でチェックイン後のウェルカムティーを飲んでひと息つけば、立地とデザインを通じて福岡の文化や特徴を自然と感じることができるだろう。

国際的な賓客をもてなすのに、まさにふさわしい空間であることは間違いない。

魅力的かつ多彩なビューがある客室

75㎡の「デラックススイート キング」。ベッドルームとリビング部分はスライド式のドアで仕切られ、誰かの家に招かれたような心地よさがある。

ゲストルームとスイートルームは合計167室。19階から23階に位置し、「天空のホテル」といいたくなってしまうような絶景を誇る。

その眺望もさまざまなバリエーションがある。福岡の街並みを見渡す「福岡スカイライン」、大濠公園を正面に望む「パークビュー」、博多湾とその先にポッカリと浮かぶ能古島を遠く望む「ベイビュー」などスイートも含めると14タイプ。スイートルームは20室。188㎡を誇る「ザ・リッツ・カールトン スイート」は1泊250万円からと、価格もしつらえも東京の最上級ホテルにもひけを取らない豪華さだ。

上/スタンダードルーム。バスルームからも景色を眺められる造り。写真左下/バスアメニティは「ディプティック」。写真右下/英国紳士御用達のナイトウェアブランド「デレク・ローズ」のパジャマを採用。

客室は全室50㎡以上から。スタンダードな部屋でもゆっくりとくつろげる十分な広さだ。

別府特産の竹細工を使った網竹から着想を得た引き戸などをポイントにしたナチュラルトーンのインテリアが心地よい。スケルトンのバスルームの壁にはモンテカルメログラニット(花崗岩の一種)があしらわれ、シンプルなインテリアにモダンなアクセントを添えている。

室内のアメニティにも細やかな上質さへのこだわりが感じられる。備え付けられたナイトウェアは英国「デレク・ローズ」社のもの。まるで空気を纏っただけかのような軽やかな着心地に感動すること間違いないだろう。ドリンクバーには「茅野舎」の飲む出汁パックが置いてあるのも気が利いている。

食都「福岡」の名に恥じぬ、充実の食体験

クラブラウンジ「ザ・リッツ・カールトン クラブ」

さて、「ザ・リッツ・カールトン福岡」に宿泊するなら、クラブアクセス付きの部屋がおすすめだ。

このクラブラウンジ「ザ・リッツ・カールトン クラブ」の食が“食都・福岡”随一のホテルの矜持を見るような充実ぶり。朝食・軽食・アフタヌーンティー・ディナー前のオードブル、おやすみ前のコーディアルと、時間帯ごとに1日5回のフードプレゼンテーションが提供されている。

クラブラウンジで提供されるアフタヌーンティー。

チェックイン後はぜひアフタヌーンティーを。セイボリーからケーキ、スコーンまでのフルラインアップで満足感が高い。また紅茶などはもちろんのこと、全時間帯メニューにあるアルコールがフリーフロー状態でオーダーできるので、シャンパンと合わせて楽しむのもいいだろう。

夕刻に振る舞われるオードブルのメイン料理は種類豊富で、軽いディナーにもなりそうな内容。ランチのタイミングとなる軽食でも、水炊きやモツ鍋など九州お馴染みの料理が日替わりでメニューに登場するのも楽しい。

人気レストラン「幻珠」の会席エリア。

とはいえ、クラブランジでお腹いっぱいになってしまうのはもったいない。というのも、ホテル内には4つのレストランと2つのバーがあり、九州ならではのさまざまな美味が堪能できるのだ。

モダンウエスタン料理の「Viridis」に日本料理の「幻珠」、アフタヌーンティーやスイーツを楽しめるカフェ「Diva」、オイスターや炭火焼料理が楽しめるバー「Bay」、軽食やスイーツを終日楽しめる「ザ・ロビーラウンジ & バー」など、いずれも魅力的だが、会席、鮨、鉄板焼とさまざまなスタイルで福岡の美味を味わうことができる「幻珠」は特に人気だという。

「幻珠」のスペシャリテ、「焼八寸」。

この日は「幻珠」の会席をチョイス。会席料理長・中島弘貴氏は、京都「和久傳」で経験を積んだのち、東京の人気日本料理店「銀座ふじやま」で2番手を勤めた人物だ。

ここでは、中島氏が培ってきた確かな技術を使い、四季折々の九州地産の食材を鮮やかに料理したコースがいただける。
そして、このホテルにステイしたら忘れてはならないのがバー「Bay」だ。

非常に人気のバーだが、宿泊者なら予約が可能。外来ゲストにかかるチャージも必要ない。
エレベーターでバーに向かうと、目に入るのは真っ暗な空間に浮かび上がる船のエンジンルームのようなオブジェ。スタッフに誘導されてバーに向かうと、そこは対照的な光にあふれた煌びやかな世界が広がる。

バー「Bay」のカウンター。

行き交う船をイメージしたというインテリアは、ガス灯の炎が天井に反射し、夕日に染まった玄界灘の水面を表している。甲板ならぬテラスには、ゆったりとしたテーブル席があり、天気がよい日は特に人気のプラチナシートだ。

バーの奥にあるスペースは、クルーズシップのVIPルームを思わせるインテリア。

カウンター席の奥には、隠れ家のような雰囲気のラウンジエリアが。奥には予約必須の個室が2つあり、落ち着いて飲みたい人にはこちらもおすすめ。

ここで飲みたいのはシーズナルカクテル。全8種類のなかからバーテンダーと話をして好みのものをチョイス。お腹に余裕があるのであれば、炭火で焼き上げる“焼き鳥”のメニューから「糸島豚バラ肉」をつまみにするのもいい。

ホテルのシーズナルカクテル「The Harvest」(2,800円 税込み)に合わせたのは、「糸島豚バラ肉 キャベツ チミチュリソース」(1,800円税込み)。

ちなみに、「焼き鳥」といったら鳥に限らず“串に刺して焼いたもの”を指すのが九州流。こちらでは、糸島豚のバラ肉を炭火で焼き、チミチュリソースをかけたものや、阿蘇自然豚サルシッチャソーセージのグリルなど、通常の「焼き鳥」の概念を超えた料理が登場する。注文してから炭火で焼くので出来立てをお酒に合わせられるのも嬉しい。

DJの音楽と、オリジナリティあふれるカクテルと食。クールな雰囲気に浸る夜はまるで香港かマカオのプライベートバーのような高揚感がある。

天空のプールで非日常を味わう

最上階にあるプール。利用するには、3,795円(税込み)が別途必要。

日々、からだのメンテナンスを気にするVIPにも極上の空間が用意されている。

博多湾の眺望を眺められる25mのプールは、プールの水面と窓の向こうの海と空が一体化し、まるで博多湾に浮かんでいるような気分になる。

室内なのに、海外のリゾートホテルのインフィニティプールのような開放感があるのだ。

左/ヴァイタリティプール。右/プールの向こうは博多湾。海と空の間で浮かんでいるような錯覚に陥る。

プールのほかにヴァイタリティプールがあるのも嬉しいポイント。プールでしっかりと泳いだあとは、ゆっくりと寝転びながら水圧に任せてからだをほぐすことができる。

そのほか男女ともにミストサウナとドライサウナもあるので、スパエリアでは長時間すごす余裕をもって訪れてほしい。

いずれにしても「ザ・リッツ・カールトン福岡」は、ホテルのなかだけで九州の魅力とグローバルレベルの極上の時間を同時に味わうことができる。ただ“泊まる”だけではあまりにももったいない。ホテルのなかから一歩もでずに、福岡が誇るラグジュアリーホテルを楽しみつくす余裕をもって宿泊したい。

ザ・リッツ・カールトン福岡

住所:福岡県福岡市中央区大名2-6-50 福岡大名ガーデンシティ
アクセス:福岡空港より車で約15分、地下鉄空港線「天神駅」から徒歩約5分
駐車場:あり(福岡大名ガーデンシティ内)
※料金や収容台数、対応するお車のサイズについては施設へご確認ください。
EV充電:あり
※EV充電ご利用に関する利用条件・制限、利用時間、その他注意事項は施設へご確認ください。

レクサスカード会員さまのご予約はトヨタファイナンス トラベルデスクにて承ります。

LEXUS LUXURY HOTEL COLLECTIONでは、お客さまに最適なホテル選びをご提供させていただくため、トヨタファイナンス トラベルデスクにてお電話での手配を承っております。
世界中にある約1,500以上のホテルごとにさまざまな特典がご利用いただけます。
「ホテル選びに迷っている」「金額や特典のみでも確認したい」など、お気軽にお問い合わせください。

ご利用いただけるお客さま:レクサスカード会員さま レクサスの自動車クレジットをご契約中のお客さま
ご利用日の10日前までにお問い合わせください。
トヨタファイナンス トラベルデスク 電話番号:0800-700-8160(9時~17時/土日祝・年末年始除く)
※各施設へ直接ご予約された場合は特典が適用されません。

[レクサスカード宿泊ポイントご利用サービス]
レクサスカードのご利用でたまったポイントを、LEXUS LUXURY HOTEL COLLECTIONの宿泊施設へご宿泊の際にご利用(1ポイント=0.5円)いただけます。

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。