Car

LEXUS UX
LEXUS、新型「UX」を発売
-Always ONの思想に基づいた更なる進化による安心とゆとりの提供-

LEXUSは、新型「UX300h」「UX300e」の国内仕様を発表いたしました。UX300hは2024年1月上旬頃、UX300eは1月下旬頃の発売を予定しています。

左:UX300e、右:UX300h

2005年のRX400h発売以降、LEXUSはラグジュアリー市場における電動化の先駆者として、常に優れた走行性能と環境性能の両立を追求してまいりました。2019年に発表した電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)などの電動車の普及を通じ、多様なお客様や市場のニーズに寄り添いながら、カーボンニュートラル社会の実現を目指してまいります。また、電動化技術を用いた基本性能の大幅な進化を実現し、LEXUSのバッテリーEV(BEV)ならではのドライビング体験やライフスタイルをご提供してまいります。ラグジュアリーライフスタイルブランドとして、これからも時代やニーズの変化に迅速且つ、きめ細かくお応えし、お客様の期待を超えるクルマづくりと体験の提供に挑戦し続けてまいります。

UXは2018年の発売以降、2023年10月末時点で80以上の国と地域で累計約34万台を販売し、電動車販売比率は90%を達成するなど、LEXUSの電動車普及を牽引してきました。今回の発売に際し、HEV、BEVのみのパワートレイン設定とすることで、更なる電動化を加速するとともに、多様化するお客様のニーズやライフスタイルに寄り添い続けていきます。

今回発表の新型UX300hでは、たゆまぬ進化を追求していくAlways Onの思想のもと、『安心とゆとり』を開発テーマとし、走りと先進装備などを中心に改良をしました。HEVモデルでは、従来のUX250hのハイブリッドシステムのシステム出力を向上するなど、上質ですっきりと奥深い「走りの味の深化」を果たし、UX300hと車名を変更。また、BEVモデルUX300eでは、2023年3月の改良により実現した走りの深化や航続距離512km※1に加え、急速充電時間を約25%短縮することで、より使い勝手の良いBEVへと進化しています。更に、両モデルともに、最新の予防安全技術へのシステム進化やコックピットの機能性を向上。より上質な運転体験の提供を実現しました。

左:UX300e、右:UX300h

両モデル共通した走りの味の深化では、ラジエーターサポートブレース追加やロアバックパネル下端のガゼット追加等により、クルマの素性を徹底的に鍛え、ドライブフィールをより高めるとともに、操縦安定性や上質な乗り心地を追求しました。また、ボディ制振材・遮音材を適正配置することで、ロードノイズ等を低減し、静粛性も向上。これらの改良を加えつつ、「Toyota Technical Center Shimoyama」で走り込むことで、あらゆる道において、お客様が運転をより楽しめるよう徹底的に作り込みました。

HEVモデルでは、高出力モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせた新開発のハイブリッドシステムにより、高出力かつ低燃費(26.3km/L)※1を実現。より電動車らしいダイレクト感と伸びのある加速感を持つUX300hの走りに貢献しています。

先進装備の進化では、最新の予防安全技術「Lexus Safety System +」の進化により、安全・安心な運転をサポートします。また、液晶メーターを12.3インチに大型化させるなど、より洗練されたコックピットへ進化させました。また、HEVモデルにおいてもエレクトロシフトマチックを導入し、操作性の向上と上質さを実現しています。

左:UX300h“version L”コックピット、右:UX300h“F SPORT”専用本革スポーツシート
Lexus International 主査 江本 光輝

「UXは、Always ONの考えの下でたゆまぬ改良を進めて来ました。昨年7月にHEVの『走りの味の深化』と『先進装備の進化』を実施、今年3月にBEVの航続距離40%延長を実現しました。今回の改良で、カーボンニュートラル社会の実現に向けたLEXUSの電動化を牽引するUXは、全モデルをBEVとHEVを含む電動車モデルライナップとしながら、お客様の多様なニーズやライフスタイルにお応えしてまいります。お客様に、あらゆるシーンで『安心』と『ゆとり』をお届けし、UXに乗って、どこへでも、どこまでも乗っていきたい、と思って頂けるように、更なる『走りの味の深化』と『先進装備の進化』を織り込んでいます。是非、実際にご試乗頂き、『安心とゆとり』を提供する新型UXをご体感ください。」

UX300h 主要諸元
燃費性能(km/L)※1 23.4~26.3
システム最高出力(kW[PS]) 146[199]
エンジン 型式 M20A-FXS
最高出力(kW[PS]/r.p.m.) 112[152]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/r.p.m.) 188[19.2]/4,400~5,200
フロントモーター 型式 1VM
最高出力(kW[PS]) 83[113]
最大トルク(N・m[kgf・m]) 206[21.0]
リヤモーター※2 型式 1WM
最高出力(kW[PS]) 30[41]
最大トルク(N・m[kgf・m]) 84[8.6]

※1/いずれもWLTCモード(国土交通省審査値)・仕様によって数値は異なります
※2/AWDモデルのみ搭載

UX300e 主要諸元
航続距離(km)※1 512
電費(Wh/km)※1 141
電池容量(kWh) 72.8
急速充電規格 CHAdeMO
最高出力(kW[PS]) 150[203]
最大トルク(N・m[kgf・m]) 300[30.5]

※1/いずれもWLTCモード(国土交通省審査値)・仕様によって数値は異なります

UXの主な特長

クルマの体幹を鍛えた、安心とゆとりをもたらす上質ですっきりと奥深い走りの味の深化

ボディ剛性の向上と車両制御の最適化によるLexus Driving Signatureの深化(共通)

ラジエーターサポートブレース追加、ロアバック強化、サスペンション締付トルクを強化することで、ボディ剛性を向上。加えて、ライントレース制御やフラットボディ制御を織り込むことで、操縦安定性を強化しています。安心・快適な走りに貢献する技術としては、ブレーキ前後制動力配分制御(各輪独立制御によるピッチ/ロール制御)を採用。ブレーキペダル操作初期に対するリニアな制動感や、ブレーキペダルを強めに踏み込んだ際の高い接地感と安心感が得られる制動姿勢を実現しています。そのうえでアブソーバー、EPS制御、F SPORT専用AVS等を再適合し、Toyota Technical Center Shimoyamaで走り込みを実施。あらゆるシーンで減速・操舵・加速がシームレスにつながる気持ちよさなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求しました。

ドライバーの意図に忠実な加速性能と車速コントロール性向上(共通)

ドライバー志向に合わせた走りを実現するため、加速度センサーでドライバーの意図を読み取り、制動力と駆動力を制御。スポーツ志向の高い走行※1を継続している場合、アクセルオフ時の減速アシスト増加やエンジンの待機回転数維持による再加速アシストをすることで、クルマとの一体感をより感じられるコントロール性を実現しています。

※1/ドライブモードセレクトNormalモードあるいはSport/Sport S/Sport S +モードを選択し、シフトをDポジションで走行中

車速コントロール(イメージ)

また、アクセルオフ時の減速度を高めることで、アクセルペダルで車速コントロール性をしやすくし、ブレーキ操作負荷を軽減。加えて、登降坂制御により路面勾配に応じて、加減速をアシストすることで、勾配路でのアクセルやブレーキ操作を軽減し、スムーズでレスポンスの良い走りを提供します。その他にも、スムーズなブレーキフィーリングとペダル質感を向上するブレーキシステムにより、ペダル操作時の上質なブレーキコントロール性を実現しました。

降坂制御(イメージ)

さらなる静粛性の追求(共通)

ルーフ減衰材を高減衰タイプへ置き換え、ダッシュパネルやリヤホイールハウス等、適材適所に制振材を追加し、車両の走行時のノイズを低減・車両の減衰効果を高めさらなる静粛性向上に寄与しました。

ハイブリッドシステムの出力向上がもたらす余裕のある走り(UX300h)

次世代ハイブリッドシステムを導入し出力を135kWから146kWにするなど動力性能に磨きをかけ、電動車らしいリニアなレスポンスと伸びのある加速を実現しました。加えてAWDモデルでは、リヤモーターの出力を30kWに向上。滑りやすい路面での発進に加え、ドライ路においても旋回性能を高め、様々な環境において、安心とゆとりのある走りを提供します。

予防安全技術の機能拡充と先進的なコクピットによる利便性・操作性向上

Lexus Safety System +のアップデートによる予防安全機能の拡充(共通)

モビリティ社会の究極の願い「交通事故死傷者ゼロ」の実現に向けて、新型UXでは、従来型に対して予防安全技術Lexus Safety System +の機能を拡充し、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指しています。

今回のUXに搭載するLexus Safety System +をアップデートすることで各機能を進化させるとともに、プリクラッシュセーフティ(PCS)の検出対象および機能を拡大させました。具体的には、ミリ波レーダーと単眼カメラを組みわせたセンサーにより高い認識性能と信頼性を担保することで、作動対象を拡大し、自動二輪車[昼]や自転車運転者[夜]の検出対象に拡大しています。また、交差点衝突回避支援(出会い頭車両)機能も新たに装備することで、従来のPCSの作動範囲に加えて、交差点で交差する車両・自動二輪車に対しても、衝突回避の支援を行います。

洗練された移動時間を彩るコックピット空間の進化(共通)

12.3インチ大型フル液晶メーターを新たに採用しました。ドライバーが運転に集中できるよう、運転支援情報をわかりやすく表示可能。大型液晶を活かした表示グラフィックも選択可能となりました。

UX300h メーター
UX300e メーター

シフトレバーは、シフトポジションを電動で制御するエレクトロシフトマチックを採用。ショートストロークにより、小気味良く、確実ですばやいシフト操作を実現しています。また、センタコンソールパネル、シフトパネル、フロントトレイ、パワーウィンドウスイッチベースには、金属感があり光の当たり方によって面の表情が変わる色を新たに採用し、電動車としてのシンプルかつクリーンさに、上質さや華やかさを併せ持つ内装としました。

UX300h“version L”センターコンソール

より安心感あるライフスタイルに貢献する機能の拡充(共通)

車内のアクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)を新たに設定。停電などの非常時に、車内および車外において消費電力の合計が1,500W以下の電気製品を使用可能です。また、外部給電アタッチメントを利用することで、窓を閉めたまま電源コードを出して給電が可能。車内への虫などの異物の侵入や、雨天時の水の侵入を低減することができます。

UX300e 外部給電アタッチメント

より安心かつ使い勝手の良いBEVライフを支える充電システムの進化(UX300e)

駆動用電池クーラーを搭載し、走行と急速充電を繰り返しても電池の上限温度に達しないように調節し、充電性能や電池寿命を確保します。また、外気温が下がる冬場などもよりすばやく満充電になるようバッテリー温度を調整する、駆動用電池ヒーターを搭載するなど、高出力、高効率な充電システムに更に磨きをかけ、従来型に比べ、充電時間を25%短縮※1し、利便性を向上しました。

※1/急速充電時間についてはあくまで目安の時間となり、急速充電器の仕様や駆動用電池の残量、外気温などの条件により、必要な時間は変化します

UX300h メーカー希望小売価格
エンジン ハイブリッドシステム 駆動 価格※(10%消費税込み)
UX300h “version L” M20A-FXS
(2.0L 直列4気筒)
Lexus Hybrid Drive 2WD(FF) 5,392,000
AWD 5,657,000
“F SPORT” 2WD(FF) 5,241,000
AWD 5,506,000
“version C” 2WD(FF) 4,803,000
AWD 5,068,000
2WD(FF) 4,559,000
AWD 4,824,000

※/北海道地区のみ価格が異なります。リサイクル料金は含まれません

UX300e メーカー希望小売価格

駆動 価格※(10%消費税込み)
UX300e “version L” FWD 7,050,000
“version C” 6,500,000

※/北海道地区のみ価格が異なります。リサイクル料金は含まれません

【関連記事】
LEXUS UX300eのインテリアに見える、ドライバーの眼を楽しませる「二律双生」と「和」の技法とは
LEXUS UX300eが持つ「二律双生」。安心感や力強さ、そしてキビキビとした走りを想起させるアジャイルさを探る
レクサス RZ 450eが正式デビュー。同時にUX300eの一部改良、バッテリーEVオーナー専用サービス新設を発表
バッテリーEVオーナー専用サービス「LEXUS Electrified Program」を開始
UX250h “version L”フォトシューティング@静岡・山梨

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。