申し分のない設備やサービスに加え、個性と風格、逸話を有する宿。
「名門の宿」は世界各地のホテルや旅館を体験したmoment編集室によるセレクションでお届けします。

名門の宿 第9回
ベルモンド ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン グレート・ミルトン(英国)

Belmond Le Manoir aux Quat'Saisons

撮影・神田敬子 文・moment編集室

グレート・ミルトンにある「ベルモンド ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン」は、ミシュランの2つ星を30年以上保持しつづけるオーベルジュ。

  • TOP
  • Side Story
  • ベルモンド ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン グレート・ミルトン

英国マナーハウスで美食に浸る

本文を読む

いかにも英国らしい田園風景の小さな村、グレート・ミルトンにある「ベルモンド ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン」。英国で唯一ミシュランの2つ星を30年以上保持しつづけ、 おいしい“ブリティッシュ・モダン”料理への扉を開いたシェフ、レイモン・ブランがオーナーのオーベルジュだ。彼の美食が供される居心地のいい館へ、ロンドンやヨーロッパはもとより、世界中から洗練されたゲストたちが集う。

本文を読む

ブランは1972年、22歳の時にオックスフォードでウェイターとして働きはじめた。やがて厨房をまかされ、1977年には自身のレストランをオープン。その料理が評判となり、一躍時の人に。そして、15世紀のマナーハウスを改装し、小さなレストランに寝室、食前酒を楽しめるテラス、菜園や庭園のあるオーベルジュを1984年にオープンした。当時4室だった客室は、今ではスイートを含め32室を数える。

本文を読む

広大な敷地を散策すれば、ハーブ類や野菜はもとより新鮮な果物を提供する果樹園まであることに驚く。「柚子ソースなど、モダンなテクニックも取り入れているが、極端には走らず、あくまでも正統のフレンチを守っている」とブランが語るように、5コースディナーはどこか安心感のあるヌーベル・キュイジーヌ。オープン翌年の1985年以降30年余にもわたって、ミシュランの2つ星を保持しつづけているのも納得だ。

本文を読む

「ベルモンド ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン」の厨房からは、何人もミシュラン星つきシェフが巣立っており、英国のレストラン・シーンの隆盛はブランなしには語れないともいえるだろう。さらに、プロの料理人だけでなく、ゲストや一般の人びとが参加できるクッキング・スクールも開催されている。半日または一日のコースに参加すればひと味違う旅の思い出となるに違いない。

カメラマン・プロフィール

かんだ けいこ◎写真家。ロンドンのセント・マーティンズ・カレッジ・オブ・アートで修士号を取得後、フリーランスとしてロンドンで活動。写真を大学で教える傍ら、英国大手出版社のブックカバー、エディトリアル、コーポレイトパブリケイション等幅広く活躍中。

Belmond Le Manoir aux Quat’Saisons

ベルモンド ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン

住所:Church Road, Great Milton, Oxford OX44 7PD, U.K.
電話:44-1844-278-881
日本語問い合わせ先reservations.japan@belmond.com
URLhttp://www.belmond.com/ja/le-manoir-aux-quat-saisons-oxfordshire/

(2016年7月/取材は2014年7月)