Lifestyle

LEXUS COLLECTION
マークレビンソンのワイヤレスヘッドフォンが、「LEXUS Collection」に登場

LEXUS(レクサス)のお客さまにとっては、ワンランク上の音質を楽しめるカーオーディオパッケージとしてお馴染みの“マークレビンソン”。そのマークレビンソンが満を持して発売したワイヤレス・ワイヤード兼用の高品位ヘッドフォン「No.5909」が、『LEXUS Collection』に加わりました。その魅力をオーディオ・ジャーナリストの本田雅一さんにレポートしてもらいました。

Text:Masakazu Honda
Edit:Misa Yamaji(B.EAT)

ハイエンドが存在しなかった世界にもたらした“ハイエンドの音”

音楽を愛する人たちに支持されてきたマークレビンソンは、1972年に生まれたブランドです。創業者のマークレビンソンはミュージシャンであり、自らが愛する音楽を、そのライブ演奏が醸す空気感までをも伝えるオーディオ製品を突き詰めていく中で生み出した画期的な製品を市販したのが始まりです。

工業製品において“スペックを満たす”だけであれば、コストの制約を取り払うことで簡単にクリアできますが、マークレビンソンが目指したのは生演奏の持つ鮮度、ダイナミズムをリスナーに届けることです。部品の一つひとつを吟味し、感性の領域に響く音質を実現するために妥協を許さない設計は、後に“ハイエンドオーディオ”と呼ばれるジャンルを生み出しました。

そんなマークレビンソンが手がけるカーオーディオシステムが、実はレクサスのクルマでしか楽しめないことは、皆さまもよくご存じでしょう。

ESに搭載されたマークレビンソン・オーディオシステム

スペックなどの諸元や装備表だけでは伝わらない、エクステリアの造形、室内空間が醸し出す上質な空間、それに感性に訴えるドライブフィールなど、常に一歩先、より上質な体験をオーナーにもたらすため、レクサスはクルマとしての価値を磨き上げてきました。この二つのブランドが交わることは、もはや必然だったといっても過言ではありません。

マークレビンソン創業から50年。時代背景の変化に対応し、スマートフォンやパソコンでも、マークレビンソンの描く音響世界を垣間見えるようにと設計された「No.5909」が、“LEXUS Collection”に加わったのも、自然な流れといえます。

ドライバユニットの振動板には、高品位スピーカーでは定番の素材ベリリウムをコーティング。装着感を決めるイヤーパッドは低反発フォームに本革素材の表皮を採用。

「No.5909」は、それまで存在しなかった“ハイエンドのデジタルヘッドフォン”に、初めてマークレビンソンの価値観を持ち込んだ製品です。よりよい音で音楽を楽しむためコストと努力、試行錯誤を惜しまないこと、と言い換えることもできます。

ここで“デジタルヘッドフォン”と表現しているのには理由があります。「No.5909」が、ワイヤレスヘッドフォンとUSBヘッドフォン、アナログヘッドフォン、三つの使い方を提案し、それぞれの接続方法でベストになるよう設計、音質を追求しているからです。

近年、音楽コンテンツの多くはジャンルを問わずストリーミング配信で楽しまれています。そこでもっとも活躍しているのがスマートフォンですが、ほとんどのスマートフォンはイヤホン端子を搭載していません。そこで台頭してきたのがワイヤレスイヤホンやヘッドフォンという商品ジャンルです。無線接続で音質を高めることは極めて難しいのですが、そのなかで、マークレビンソンは合理的な答えを見つけました。

USBケーブルで接続する際には無線回路を切り離し、マークレビンソンの品質で作られたDAコンバータ内蔵のオーディオ機器として動作。ワイヤレス動作時も独自のハイレゾ再生技術を用い、ベストな環境で接続します。さらにアナログ時の音質にも配慮して、アダプタを用意しています。

喧騒のなかでは静寂を、静寂のなかでは研ぎ澄まされた音質を

マークレビンソンの赤い差し色と、ゴールドの刻印にレクサスのロゴがあしらわれたヘッドフォンは、各レクサス販売店で購入できる。

実は、ワイヤレスヘッドフォンにおいて、こうした“多様な環境”に適応することがもっとも難しいことといえます。ほんの少しの接続方法により、感性の領域に支配されている“音の質感”が変化してしまうからです。

クルマに例えてみましょう。感性の領域にまで踏み込んでドライビングプレジャーを求めれば、走行シーンに合わせて鍛え上げ、環境ごとに切り替えられる柔軟性も欲しい。そうした走行シーンに適応していく幅の広さが、例えばレクサスならば“F”のエンブレムを掲げたモデルで期待できます。

それと同じように、「No.5909」は単にベストな環境での最高の音質だけではなく、日常的に音楽を楽しんだり、あるいは移動時の快適性を求める場面など、そのときに応じて最高のパフォーマンスを発揮するよう作られているのです。

つまり、「No.5909」に感嘆するのは、どのような接続形態でも最高の音質を追求していること。まるで三種類のハイエンドヘッドフォンがひとつになっているかのようなのです。

音場を埋める空気感まで感じさせる実力

ここで、筆者が聞いた具体的な音楽のインプレッションをお伝えしましょう。中でもUSBケーブルで接続した場合の音質は、アーティストの息遣いが聞こえてくるだけではなく、音場を構成する空間すべてが丁寧に描かれる上質なものでした。

例えば、ダイド・アームストロングの「Don't Believe In Love」。

弾力あるベースラインも印象的ですが、多重録音されたダイドの声は極めてドライ。響きが抑えられ、彼女の歌唱による表現一つひとつが目に見えるかのような録音です。しかしそこに、幾つもの声を重ねることで潤い感や深みを積み重ね、そしてクライマックスに向けてストリングスとともに広がりのある音場へと発展していきます。

ベン・ハーパーの「Jah Work」も秀逸でした。

このトラックも極めてドライで、楽器音の一つひとつがシャープ。狭めの音場にドラム、ベース、ギターカッティングが並ぶが、そのすべてにキレを感じさせ、そこにオンマイクの乾いたヴォーカルが乗ってきます。まるでステージ目の前の席に陣取るかのようなリアリティ、弾むようにいきいきとした表現には、ごまかしがありません。

高級ヘッドフォンならよい音が楽しめて当たり前と思うかもしれません。しかし組み合わせるアンプやケーブルで音質は大きく変わります。

本機のよいところは、そうした機材の組み合わせを気にすることなく、スマートフォンからでも、パソコンからでも、マークレビンソンが作った音質をストレートに感じることができるところです。

旅のなかでも静寂と心地よい音で包み込む

優れたノイズキャンセリングヘッドフォンは、良い音で音楽を聞くだけではなく、さまざまな騒音環境の中でも快適なライフスタイルをサポートするツールに。

もっとも、そうした解析的な、ある意味の緊張感を持ったリスニングでも実力を発揮する本機ですが、ワイヤレスのヘッドフォンとして旅へと持ち出せば、街中のカフェ、空港、あるいは航空機や電車内で、優れたノイズキャンセリング機能が静寂をもたらし、その静寂のなかにワイヤレスで音楽が流れ込みます。

どんな環境であっても、ベストな音楽を耳元に届けてくれる。その安定感と安心感。これこそがマークレビンソンというブランドが保証しているものなのです。

【DATA】
ヘッドフォン(マークレビンソン)

価格:149,600円(税込み)
素材:アルミニウム、樹脂、羊革
サイズ:W205.4xH202.6xD65.4mm
詳細・購入はレクサス販売店へお問い合わせを

【関連記事】

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2023 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。