Lifestyle

E-BIKE Special Select
非日常の新レジャー「E-BIKE」
スタイル別の遊び方とは

アウトドアアクティビティに注目が集まる昨今、スポーツ自転車の人気が高まっています。中でも、トレンドの最先端をいく電動アシスト付きのスポーツ自転車、E-BIKEの注目度が際立っています。ひとえにE-BIKEと言っても、ロードバイク、マウンテンバイクなど自転車のタイプによって、走行フィーリングも楽しみ方のスタイルも異なってきます。今回、スポーツ自転車のトレンドに詳しい自転車ジャーナリストの橋本謙司さんが、スポーツ自転車に興味はあるが経験はない皆さんに、今おすすめのE-BIKEを紹介します。遊び方のアドバイスや実際の購入方法も含めて、”E-BIKEライフ・はじめの一歩”のお手伝いをします。

Photo/Kenji hashimoto

スポーツ走行を前提としたE-BIKEに注目

E-BIKEのことを端的に言うなら、ロードバイクに代表されるスポーツ自転車に電動アシストを搭載したモデルのことです。多くのE-BIKEは、フレーム設計から構成されパーツ群、何より心臓部となるモーターユニットがスポーツ走行を前提として開発されています。ただ単に強力なモーターが搭載されているわけではないところが特長で、身体への負荷が大きくなる坂道や向かい風のシーンでしっかりアシストしてくれます。さらに、常に一定のパワーではなく、より自然なペダリングを追求してチューニングされています。そのため、適度な負荷での有酸素運動効果も実感しながら趣味としてのスポーツ自転車を楽しめます。

ところで、国内のE-BIEKの歴史はここ3年ほどですが、発祥の地であるヨーロッパでは現在のスポーツ自転車の需要の1/3近くがE-BIKEシェアになり、今後ますますE-BIEKはスポーツ自転車のメインストリームになることが予想されます。

サドルの上で過ごした思い出はプライスレス

さて、E-BIKEならではの特長はどこにあるのでしょうか。アシストの恩恵を最も受けられるシーンは、停車からの走り始め、坂道、向かい風です。その結果、険しい峠道を越えたり、100kmを超えるようなロングライドに敷居の高さを感じても、E-BIKEなら走り切れてしまう凄さがあります。たとえばパートナーや仲間たちと一緒にサイクリングに出かけた時を想像してみてください。たとえ脚力差があったとしても、アシストの力を借りて一緒に坂道を登り切って同じ時間を共有できます。サドルの上で過ごした思い出はきっとプライスレスです。欧州はじめ海外では、第一線で働く円熟のビジネスパーソンからシニア層まで幅広い世代がE-BIKEライフ楽しんでいます。

ここからは、E-BIKEの楽しみ方とシーンに合ったおすすめのモデルを紹介していきます。実際の試乗インプレッションもお楽しみください。

走るフィールドが無限に広がる折り畳み式

本格的なサイクリングは敷居の高さを感じるかもしれませんが、週末などに手軽にサイクリングを楽しみたいと思う人におすすめしたい一台があります。ハイセンスなデザイナーズフレームが目を引くBESVのミニベロです。ホイールが小径設計なミニベロはゼロスタートからラクに踏み出せる特長に加え、小回りも利きやすいためシティライドに向いています。そんなミニベロに後輪駆動のモーターを搭載することで、よりラクに、より速くを実現したPSF1。一般的なオシャレを楽しむだけのミニベロとは一線を画す、高い走行性能をもってアクティブなサイクリングも楽しめるE-ミニベロです。そして、PSF1最大の特長がフォールディングスタイル。折り畳みが可能なモデルで、驚くほどコンパクトな収納を実現します。日頃のアーバンコミューターとしてだけでなく、車や電車へスマートに乗せて遠方での非日常のサイクリングを楽しむモデルとしても注目です。

<実走インプレッション>
パワフルであってラグジュアリー
積載スペースも最小限でスマート

ベスビーオリジナルのモーターアシストは強すぎず弱すぎず、乗り手のペダリングパワーを感知して快適なトルク感でアシストしてくれる印象的です。これはトルク感を自動でコントロールする独自のスマートアシスト機構のおかげ。そして、ユニットのパワーは初速や坂道で機敏でパワフルなアシストを約束します。一方で、乗り心地自体はとても快適性が高めです。これはリアサスペンションが高いクッション性を生み、路面からの突き上げを解消しているため。ずっと乗っていたくなるラグジュアリーなライディングを演出してくれます。

そして、折り畳みも組み立て作業もスムーズで、共にわずか1分も掛からずに行えます。自宅や車への保管スペースを気にすることなくサイクルライフをスタートできるでしょう。車に積載すれば、旅先で思う存分に走りを楽しめます。場所に縛られず、各地をサイクリングする姿を想像するだけでワクワクします。

【data】
BESV PSF1/ベスビー ピーエスエフワン

28万1,600円
<specification>
フレーム素材:アルミニウム
ユニット:ベスビーオリジナル
ブレーキ:ディスクブレーキ
アシストレベル:3アシスト&スマートモード
最大走行可能距離:95km(アシストレベルにより異なる)
バイク重量:18.3kg(サイズ)
サイズ展開:ワンサイズ
カラー:グレーブルー(写真)、ゴールド
ギヤ歯数:フロント34T、リア10-51T
問い合わせ:ベスビー ジャパン https://besv.jp

重量増のデメリットを解消し
速くてラクを実現した最速E-ロードバイク

新しいアウトドアスポーツとしてスポーツ自転車を始めたい。風を切って日本各地の景勝地を巡ってみたい。そのような夢を叶えてくれるモデルが、スペシャライズドのクレオSLです。せっかく趣味としてサイクリングを始めるのであれば、後悔のないモデルを選びたいところ。クレオSLは、ツールドフランスなどでお馴染みの速さを追求したロードバイクスタイルです。走行シーンは基本的には舗装路を前提としています。

E-BIKEはバッテリーやユニットによって重量がかさみますが、クレオSLコンプカーボンはバイク重量12.9kg(サイズS)という軽さを実現しています。多くのE-ロードバイクが15~20kgほどある中で、その軽さは際立ちます。

フレームには軽さと反応性に優れるカーボン素材を採用し、ハンドルには振動を吸収する画期的な独自機構「フューチャーショック」を搭載。E-BIEKの心臓部であるモーターには、軽量化のためマグネシウムケースを採用するこだわりを見せ、他のクランク駆動式モーターのおよそ半分の重量を実現しています。最速のE-BIKEであるクレオは、E-BIEKの常識をくつがえす1台です。

<実走インプレッション>
軽さを活かした軽快な走行性能
降車時もストレスフリーな取り扱い

市場にあるE-BIEKの中で最上級クラスにあるクレオは、高いライドクオリティを約束するハイパフォーマンスE-ロードバイクです。舗装路走行を前提としたロードバイクスタイルのE-BIEKは、スポーツバイクらしい機敏な反応性や高速走行を狙っている反面、それらを実現できていないモデルが多い現状がありますが、クレオなら心配無用。プライスに見合った最先端テクノロジーを搭載し、上り坂や向かい風シーンでものともせず鼻歌混じりの快適なライドを約束してくれます。

加速を楽しみながら、どこまでも走り続けたい人におすすめのモデルです。その距離は50kmでも100kmでも、それ以上でも可能です。起伏のあるワインディングが続く高ルート、風の強いシーサイドラインなどを、快適なアシストの力を借りながら、爽快なサイクリングを楽しめることを約束します。最近は、クルマに積載して景色の良いロケーションへ走りにいく休日サイクリングが人気ですが、軽量なクレオなら降車時の運搬もストレスフリーです。

【data】
SPECIALIZED/スペシャライズド
CREO SL COMP CARBON/クレオ エクエル

85万8,000円
<specification>
フレーム素材:カーボン
ユニット:スペシャライズド SL1.1
ブレーキ:ディスクブレーキ
アシストレベル:ECO、SPORT、TURBO
最大走行可能距離:約130km(アシストレベルにより異なる)
サイズ展開:XS、S、M、L
カラー:プロブルー/ビビッドピンク/ブラック(写真)、サテンカーボン/ホロリフレクティブ/ブラック
ギヤ歯数:フロント30T、リア11-42T
問い合わせ:スペシャライズド ジャパン https://www.specialized.com/jp/ja

専用パークから壮大なトレイルまで
非日常をトコトン楽しみ尽くせるE-MTB

ここ数年でグランピングやキャンプが流行り、自然豊かな地方でのアクティビティ人気が高まっています。そのような中で、スポーツ自転車も、ただ舗装路を走行するだけでなく山の中の不整地を走るトレイルライドへの注目が高まっています。アスファルトの舗装路と異なり、トレイル走行は非日常感を楽しめる魅力があります。そのように、童心に帰って自然の中で遊び尽くしたい人にはE-MTBがおすすめです。トレイルには、連続する起伏、急斜面などライディングスキルが必要なシーンも多いですが、モーターのアシストを借りるE-MTBなら問題なし。MTBならではのサスペンションと太いタイヤとモーターパワーにより、圧倒的な走破性を実現しています。

そんなE-MTBの注目モデルが、トレックのフルサスペンションE-MTBのレイル5です。堅牢なアルミフレームに信頼のボッシュ製のハイパワーユニットを搭載。29インチの大径ホイールにトレック独自のMTB機構を多く採用したパフォーマンスモデルは、圧倒的な走破性によって非日常のトレイルライドを切り開きます。

初心者こそ専用パークは安心できる

E-MTBは初心者のアクティビティとしてもおすすめです。近年、全国各地に専用のトレイルパークが誕生しています。たとえば、横浜のトレイルアドンベンチャー、御殿場MTB&RUNパークFUTAGO、白馬岩岳MTBパーク、富士見パノラマリゾートBIKEパークなど。さらに、長野県松本市の乗鞍高原には日本の国立公園内にトレイルコースが誕生。これらのパークはごく一部です。このような自転車専用のテーマパークなら初心者でも安心して楽しめるでしょう。

<実走インプレッション>
高級SUVのような重厚感と走破性
じつはオンロードもストレスフリー

幅広いハンドルとボリュームのあるフレームは、サドルにまたがっただけでも安心感があります。そして、起伏のある不整地に対応するボリュームのあるタイヤと前後サスペンションが、高精度モーターが生むパワフルなアシストと融合し、驚きの走破性を実現しています。その様は、まるで自動車の高級SUVのようです。

さらに、タイトコーナーでは重厚感あるバイクが地面をがっちりと捉えて、2輪の乗り物とは思えない安定感と安心感を生み出します。一般的なMTBはアスファルトの舗装路では車重とタイヤ抵抗によって走りが重くなりますが、E-MTBは、ここぞとばかりにアシストしてくれるので、舗装路でもストレスがありません。オンロードもオフロードもカバーするバイク。それがレイル5のようなE-MTBです。

【data】
TREK Rail 5/トレック レイル5

68万5,300円
<specification>
フレーム素材:アルミニウム
モーター:ボッシュ製、パフォーマンスラインCX250Wモーター
ブレーキ:ディスクブレーキ
アシストレベル:4段階
最大走行可能距離:約80km
バイク重量:23.8kg(52.65 lbs)
サイズ展開:S、M、L
カラー:パーブルフリップ/トレックブラック(写真)
ギヤ歯数:フロント34T、リア11-50T
問い合わせ:トレック ジャパン https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

遊び方をイメージしてからバイクを選ぶ

さて、スポーツ自転車を始めるときには、まずどのような遊び方をしたいのかイメージしましょう。休日に近所をサイクリングなのか、ハイスピードで遠くへ走りにいくスポーツサイクリングなのか、それとも自然を感じるトレイルライドなのか。各シーンに最適化されたE-BIKEを選ぶことが大切です。

これらのスポーツ自転車は専門のスポーツバイクショップでの購入をおすすめします。E-BIKEアクティビティは長く付き合える趣味です。そのため、定期的なメンテナンスなど気軽に相談できる近隣のお店があると心強いです。もう時期暖かくなってきたら、いよいよスポーツ自転車の季節が到来します。楽しく、ラクに、どこまでも走っていけるE-BIKEライフをはじめてみませんか。

紹介モデルの試乗・購入ができる国内正規販売店はこちら

BESV
https://besv.jp/shop/

TREK
https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/store-finder/

SPECIALIZED
https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/retailer/retailerlist.aspx

<profile>
橋本謙司

およそ15年間にわたりスポーツ自転車に関わる自転車ジャーナリスト。自転車専門誌やウェブメディアにて複数の連載をもち、自転車の情報を発信。これまでに数々のE-BIKEの試乗やライドを経験。自らサイクルライフを満喫している。

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2022 Summer

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。