Car

UX250h version L
【試乗】レクサス UX250h“バージョンL”は、大幅改良で走りの上質さと使い心地を追求

レクサスのコンパクトSUV「UX」が、2018年11月のブランニューデビュー以来初の大幅改良を受け、使い勝手の向上や、グレードごとの走りのテイスト・方向性をより明確にする変更を施された。
今回はラインナップの中でもよりラグジュアリーなモデルに試乗し、レクサス流の上質さを味わった。(Motor Magazine 2022年10月号より)

text:Toshifumi Watanabe
photo:Ikkai Muranishi/Masayuki Inoue

マイナーチェンジでブラッシュアップしたインフォテインメント

レクサスのSUVラインナップでもっともコンパクトなモデルとなるUX。2018年のデビュー以来80カ国以上で展開され、累計で約25万台を販売している。

センターのディスプレイやコンソール、そして助手席側インストルメントパネルのデザインが変更されている。

レクサスとしては初めてBEVをラインナップしてきたモデルということもあり、パワートレーンの電動比率はすでに80%超、つまり全数の5台に4台以上がHEVかBEVと、先進的な選択がユーザーによってなされているのも特徴のひとつだ。ちなみに2021年度の国内販売台数をみると、HEVのUX250hは車種名別ベストにも顔を出している。

登場から4年近くの時を経た今も、このように理想的な結果を残している中で迎えたはじめてのビッグマイナーチェンジは、なかなか難しかっただろうと想像する。それゆえか、昨今のレクサスデザインの礎ともいえるエクステリアには手を入れられていない。代わりにというわけではないだろうが、大きく変更されたのはインフォテインメントを含む内装とセーフティ系機能だ。

下山テストコースで走り込み。弱点を洗い出していく

センターディスプレイを10.3インチから12.3インチに大型化するとともに、タッチコントロールの採用に伴い操作性向上のためにディスプレイを手前側に設置。同時に従来はタッチパッドやオーディオコントロールを備えていたセンターコンソールに、シート空調のコントロール系を移設している。ダッシュ部分にあるアッパーの分割線やロアの形状も刷新するなど、大工事が施された。

12.3インチのタッチパネル式ディスプレイの手前には、操作性向上のため指を置けるスペースがある。

これに併せてインフォテインメントシステムやセーフティシステムは最新世代に更新。スマートフォンの専用アプリと連携することでドアロックのオン/オフだけでなく、エンジンスタートもできるデジタルキーが採用された。

走りの面では下山テストコースでの走り込みによる改善のポイントを洗い出し、A・Bピラーやロッカー、バックパネルなどボディ下部を中心に20カ所、スポットの打点を追加。併せて足まわりはもとより、電動パワーステアリングやブレーキもチューニングを改めている。Fスポーツについては従来オプションだったAVSとパフォーマンスダンパーを標準装備化したほか、ランフラットタイヤの特性も見直されている。

一方でバージョンLはランフラットタイヤから一般ラジアルタイヤに履き替えて、乗り心地や静粛性の向上を図ったという。

グレードごとの違いを明確化。バージョンLはより柔軟に

試乗車はそのバージョンL、パワートレーンはハイブリッドの250hという組み合わせだが、従来の印象と比べると確かに乗り心地の良さが際立つものになっていた。

外観のデザインは、エンブレムの廃止以外にほとんど変更されなかった。

UXのバージョンLは、デビュー当初から穏やかさを狙ったサスペンション設定としていたが、微小な入力を柔軟に減衰するラジアルタイヤの特性も加わって、街中を走行していると出くわすマンホールや路面の補修痕のような小さなオウトツを、足は心地よく応答して乗員に衝撃を伝えない。

感心するのは大入力時の突き上げに伴う入力音も、しっかり封じ込められていることだ。ラジアルタイヤとはいえ、UXのサイズほどにもなると、そのバネ下の重量も結構なものだが、暴れることなくタイヤはすっきりと路面に追従する。ボディ剛性の強化が奏功しているのか一般速度域でのマナーは、この車格にしてレクサスの名に相応しい品格を備えていた。

一方の高速域で大きな入力があったりすると、ふわんとした上屋の動きに、ちょっと足が柔らかいかなと思うところもなくはない。もちろん挙動が不安定化するような緩さではないが、少なくとも引き締まった乗り味を好みとするのであればFスポーツを選ぶに越したことはないだろう。

ともあれ、この両グレードの味わいの差異がより明瞭になったことは、ユーザーにとって一番の進化のポイントとなるはずだ。個人的には、往年のレクサスの鷹揚さとスッキリ感を巧く両建てした、このバージョンLを選ぶと思う。

【主要諸元】

レクサス UX250h“バージョンL”

全長×全幅×全高
4495×1840×1540mm
ホイールベース
2640mm
車両重量
1560kg
エンジン
直4DOHC+モーター
総排気量
1986cc
最高出力
107kW(146ps)/6000rpm
最大トルク
188Nm/4400rpm
モーター最高出力
80kW(109ps)
モーター最大トルク
202Nm
トランスミッション
電気式無段変速機
駆動方式
FF
燃料・タンク容量
レギュラー・43L
WLTCモード燃費
22.8km/L
タイヤサイズ
225/50R18
車両価格(税込)
519万2000円
マイナーチェンジによって“バージョンL”の足まわりの印象はマイルドになった。
レクサス UXは発売から4年目を迎え、ビッグマイナーチェンジが行われた。
ボディサイドにあった「HYBRID」のエンブレムは、マイナーチェンジで廃止に。
走り味をよりラグジュアリーな方向へと進化させたレクサスのコンパクトSUV、UX。
従来、リアゲート左下に文字による「LEXUS」のエンブレムがあったが、これも廃止された。
本革シートやアームレストなどのインテリアカラーは、茶系の他に白・黒・クリーム系の中から選択できる。
タイヤの変更は、もちろんリアシートの乗員にも良い影響をもたらす。
ラゲッジスペース容量は220Lで、60:40分割可倒式のリアシートを倒すと995Lに拡大。
大幅改良で“バージョンL”は従来のランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更し、快適性を向上した。
従来タッチパッドのあったスペースには、シートベンチレーションやハンドルヒーターなどのボタンを配置。
出典:Webモーターマガジン

2024 Winter

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。