Car

LEXUS LY650
LEXUSのラグジュアリーヨット「LY650」が国内初公開。
オプションを含めると6億円という渾身作の中身とは

2022年3月31日、神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜とベイサイドマリーナ(特設会場)で開催された「ジャパン・インターナショナル・ボートショー2022」。ここでの注目はやはりラグジュアリーカーブランドであるLEXUSのフラッグシップヨット「LEXUS LY650」だろう。このイベントに先駆けて行われた内覧会にて、オプションを含めると6億円ほどになるというLEXUS渾身のラグジュアリーヨットを確認してきたので紹介したい。

Text&Photo: Taishi Kawamura

LEXUSのこだわりが詰まったラグジュアリーヨット

今回公開されたLEXUS LY650は2019年10月に販売を開始しているが、国内においては「ジャパン・インターナショナル・ボートショー2022」での展示が初のお披露目の場となった。

開発はアメリカのMarquis Yachts(マーキ ヨット社)と共同で行われた。船体は全長19.94×全幅5.76mで、トヨタ(トヨタマリン)がラインナップするポーナムブランドモデル3つ、全長約9~12mのいずれよりも大きい。ヤマハも含めた国内ブランドでは最大級のサイズではないだろうか。

このボディサイズは室内のゆとりに大きく影響し、室内高は2m超を確保して窮屈な思いをすることもなくクルージングを楽しむことができそうだ。

ちなみにLEXUSブランド初のボートにつけられた名称「LY650」の由来はというと、Lは「Luxury(ラグジュアリー)」、Yは「Yacht(ヨット)」の頭文字から、そして650はヨットの大きさを表す「65フィート(約19.8m)」からきているという。

LEXUSのクルマのネーミング、「LS(ラグジュアリー・セダン)」や「IS(インテリジェント・スポーツセダン)」などと同様のアルゴリズムでつけられた名称なのだ。ラグジュアリーライフスタイルブランド「LEXUS」の一員であることを、ここでも物語っているわけだ。

ラグジュアリークーペのルーフデザインを彷彿とさせる美しい流線形が特徴のLEXUS LY650。
船体側面に大きく配置された「LEXUS」のエンブレムが光る。

桟橋から乗り込んだ先、ボートの後端は足場になっており、シャワースペースも兼ねたスイミングプラットフォームとなっている。そこからステップを登るとラグジュアリーなアウトデッキがお出迎え。ここに設置されているシートはかなり大型で、6人がゆったり座れるサイズとなっている。

コンセプトは「アウトデッキとキャビンとの一体化」であり、船内につながる入り口とドアは広く作られている。アウトデッキにバーベキューグリルや製氷機が設置されており、入り口を開放すれば、広いスペースでバーベキューやパーティを楽しむことができる。もしも調理の煙や匂いをキャビンに侵入させたくなければ、ドアを閉めることでアウトデッキとキャビンを仕切ることだってできる。

十分なスペースのスイミングプラットフォーム。海で泳いだ後はここでシャワーを浴びることもできる。
操舵手席にも快適に過ごせるスペースが確保されている。
航行中でも腰をかけて風にあたることができるバウデッキ。汚れ防止のためすべてにカバーをつけられるようになっている。

ゴージャスなインテリアには随所にLEXUSの「L」をイメージしたデザインが施されているのが特長。これはイタリアのヨットデザイン会社、Nuvolari Lenard(ヌヴォラーリ レナード社)とのコラボレーションで実現したという。

室内のいたるところにデジタルスイッチを用意され、また無線接続されたiPadでもライトやブラインドなどをすべて操作できる。収納式のテレビに回線を繋げればディスプレイ代わりにしてリモートワーク、「洋上オフィス」に早がわりというなんともゴージャスな空間の出来上がりである。プライベートも仕事にも対応できるサードプレイスとして活用できるという。

階段を降りればオーナーズスイート、VIPルーム、ゲストルームの3部屋が用意され、ゲストルーム以外の各部屋にシャワールームも完備されているから驚きである。

高級感がある広々としたキャビンだが、ドアを解放したときのアウトデッキとの一体感、そして開放感は格別である。
オーナーズスイートには大きなベッドが設置。写真では見えていない手前のスペースにデスクやソファ、クローゼットやトイレ、シャワールームも完備した広々空間が広がっている。
ゲストルームも十分な広さを誇る。隣に共同のシャワールームとトイレが並んでいる。
オーナーズスイート同様にこのVIPルームにもシャワー、トイレが完備されている。
室内の照明やブラインド、エアコンなど、備え付けのiPadで簡単操作。
LEXUSといえばマークレビンソン! オーディオにもブランドのこだわりが。
オプションではあるが、コーヒーメーカーやワインセラーを設置することが可能だ。

エクステリアはLEXUSの車両を担当するデザイナーが作成した原案を元に、ヨット専門のデザイナーが作り上げたもの。ラグジュアリークーペのルーフラインを思わせる美しい流線形のデザインは、ひと目でLEXUSブランドであることを印象づける。デザインを損なわず使い勝手の良い印象を受けた「LY650」。「超」がひとつでは足りないほど高級なモデルであり、隅々まで見てみると6億円(オプション込み)という価格に納得、というか圧倒されてしまう内容だった。

出典:Webモーターマガジン

2022 Summer

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。