moment 2017年 9/10月号
海外紀行 ベニス〜ロンドン

“走る貴婦人”の愉楽

文・粟野真理子 写真・小松士郎

鉄道旅行の黄金期といわれる1920〜30年代。その主役は、豪奢な食堂車と寝台車を備えたオリエント急行だった。アール・デコの粋を極めた優美な姿は、“走る貴婦人”とも称された。その伝統を今に受け継ぐ「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」に乗ってベニスからロンドンへ。飛行機なら2時間強の距離を、約30時間かけて行く。ゆっくりと、しかし濃密な“非日常”の時間が、そこには流れていた。

Veniceベニス

プロローグは華やかなる“水の都”

本文を読む

世界最高峰の豪華寝台列車「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス(以下VSOE)」の出発地、ベニス——。ヨーロッパ各都市を結ぶVSOEの中でも、今回はベニスからオーストリア、スイス、パリを経由してロンドンまでの黄金ルートを巡る、まさに至福の旅が待ち受けている。

憧れのVSOEに乗る高揚感をさらに盛り上げてくれるのが、異国情緒あふれるベニスだ。5世紀にラグーナ(潟)と呼ばれる水上に都市が形成されたベニスは、100余の島々と400の橋、大小150超もの運河が迷路のように交錯する。その特異な成り立ちから、街とラグーナは世界遺産に登録されている。

ヴァポレット(水上バス)に揺られ、カナルグランデ(大運河)を通って、街の中心、サン・マルコ広場に到着する。18世紀、ここを訪れたナポレオンが「世界で最も美しい空間」と称えた広場は、ベニスの守護聖人、聖マルコを祀るビザンチン建築のサン・マルコ大聖堂とゴシック様式のドゥカーレ宮殿が並び、巧みに計算された幾何学的な造形美に圧倒される。広場に面する高さ96.8メートルの鐘楼の頂上へ上れば、そのドラマティックな景観を、パノラマで堪能することができるだろう。

次に、サン・マルコ広場から北に路地を縫って、ベニスのシンボルであるリアルト橋に向かう。この途中の道のりが楽しい。名もなき小路に色大理石を用いた鮮やかな邸宅が潜んでいたり、庶民的なバーカロ(居酒屋)の壁に清らかな聖人像が刻まれていたり。壮麗な天井画が残るかつての劇場をそのまま利用したスーパーマーケットの佇まいもユニークだった。芸術と日常、静寂と喧噪が混ざり合うベニスは、迷宮都市としての魅力にあふれていた。

サン・マルコ広場

鐘楼の展望台からサン・マルコ広場の建物群とレンガ造りの街並みを見下ろす。

フォルトゥニー

フォルトゥニー

画家、服飾デザイナー、舞台装飾家と多彩に活躍したマリアーノ・フォルトゥニーが1921年、ジュデッカ島に開いたテキスタイル工場。300点以上の優雅な図柄が見られるショールームは見学自由。後述の「ベルモンドホテル・チプリアーニ」のスタッフもおすすめのスポットで、ホテルから徒歩で約20分。

住所:Giudecca 805, 30133 Venice, Italy
TEL:39 393 825 7651

また帰ってきたくなる、ベニスの“特等席”

本文を読む

サン・マルコ広場から専用シャトルボートで約4分。対岸のジュデッカ島に建つ名門リゾート「ベルモンド ホテル・チプリアーニ」は、観光客でごった返すサン・マルコ広場の喧騒とは別世界の、静寂で秘めやかな空間が広がっていた。ベニスを劇場にたとえるなら、ここはその特等席、そのように形容されることも多い。ロマンティックな鉄道旅の序章にふさわしい“ドルチェ・ヴィータ”な時間を過ごすことができそうだ。

船着場では名物コンシェルジュのロベルトが、十年来の友人のような親しみ深い笑顔で出迎えてくれた。「チプリアーニの居心地のよさは、他のどこでも味わえない唯一無二のものでしょう。なぜなら私たちは、家族のような親密さでゲストに接します。それは、初めて訪れたゲストでも、ジョージ・クルーニーのような常連のセレブリティでも同じ。私にとって、ここは仕事場のみならず、生活そのものなのです」と語るロベルト。この情熱的なアプローチが、「また帰ってきたくなる」魅力なのだろう。

さらに特筆すべきは、ロケーションも素晴らしいミシュランスターのイタリアン・レストランだ。2014年にオープンした「オロ・レストラン」は、パリでミシュラン2つ星を獲得した気鋭のイタリア人シェフ、ダヴィデ・ビセットを起用。2年を待たずに星を獲得した。「地元でしか取れない魚介や野菜を使用し、ラグーナの景色に刺激されながら、アーティスティックな盛りつけに挑戦しています」と意欲的に話すシェフ。繊細な味覚とテクスチャの料理は、チプリアーニの宝石といえるだろう。

敷地内には他に、広大なプールやジョージ・クルーニーが考案したカクテルを供するバーがある。昼下がりには「カサノヴァ・ガーデン」と名づけられた庭園を散策するのもいい。早起きして船着場から望むラグーナの朝焼けも、心に残る美しさ。ホテルから一歩も出ずに過ごすゲストが多いというのも納得だ。

ベルモンド ホテル・チプリアーニ

ベルモンド ホテル・チプリアーニ

ハリーズ・バー創始者のジュゼッペ・チプリアーニが開業したホテルを前身に、ベニス屈指のラグジュアリーリゾートとして各界のセレブリティを顧客にもつ。客室はスイートを含め全95室。ミシュラン1つ星のオロ・レストランの他2つのレストランとバー、スパを併設する。

住所:Giudecca 10, 30133 Venice, Italy
TEL:39 041 240 801
URLhttps://www.belmond.com/hotel-cipriani-venice/