新着情報

デジタル版限定コンテンツ インテリア編

第2回 IS特別仕様車「I Blue」

レクサスが追求する、目に見えない感性と技術の融合。
「CRAFTED」と呼ばれるそうした美意識を体現しているのが、
IS特別仕様車に施されたステアリングだ。
素材、研磨、顔料、塗装……。この小さなパーツの中に、ニッポンの匠の技が凝縮されていた。
文・渡辺敏史 写真・大井成義

渡辺敏史のレクサス百科
著者プロフィールはこちら

本誌「レクサスを語る」でおなじみの自動車ジャーナリストが
独自の視点で「レクサスの世界」をレポート。

  • IS300h特別仕様車「I Blue」。このほかIS350 / IS300に対応。

  • メーターフード、ニーパッドほか、内装には特別仕様車専用ブルーグレーステッチを採用。

ジャパンブルーに輝く本杢ステアリング

本文を読む

車の所有や運転という日常的、平均的な行為に、プレミアムブランドが付与すべき価値。それをレクサスは日本ならではの感性や技術で表現しようとしている。それは彼らが「クラフテッド」と銘打つブランドのフィロソフィとして開発や製造、販売の現場にまで貫かれている。

そのひとつの例として今回挙げるのは、ISに設定された特別仕様モデル「I Blue」だ。その名には「私の」「藍色」という2つの意が込められている。

「ISのスポーティさを損なうことなく上質感をいかに高めるかという商品のテーマに対して思いついたのが、藍色の表現です。藍は品格のある色であると共にジャパンブルーとも言われる色ですから、そこにスポーツのストーリーも重ねることが出来るかなと」
I Blueのカラー&マテリアルデザインを担当したレクサスインターナショナルの伊藤淳子さんが注目したのは、ステアリングのリム上縁。レザーとのコンビで設えられるその部位を、本杢と天然の藍で彩ろうというわけだ。

  • ステアリング上縁の本杢部分は木工加工の職人が一つひとつ研磨。手吹き塗装により、本杢の触感はそのままに、天然の美しい藍色を表現している。

  • IS特別仕様車「I Blue」と、カラーデザイナーの伊藤淳子さん。

本文を読む

「藍の色域は100種類以上あるんですが、その中から搗色(かちいろ)と呼ばれる色味をイメージしました。搗色はその読みから勝色とも称せるということで、昔の武士などが縁起担ぎに好んで使ったそうです」

その実物を目にすると、温度や湿度の振れ幅がとんでもなく厳しい自動車の車内装備としては相当に繊細な仕上げがなされていることがわかる。普通であれば表面を幾重にもコートすることで結果的に光沢を放つ杢目は、削り出したままのような仕立てで、気持ち的には素手で触れるのが憚られるほどだ。

「もちろんコーティングは施してあるので安心して握っていただきたいんですが、厚みは耐久性などに影響しないギリギリのところに抑えてあります。木には水分を採り入れるための孔、導管と呼ばれるものがあるのですが、それが潰れず見えるくらいのところまで攻めてみようと」

  • 特別仕様車としてのステアリングを完成させるため、木工加工や塗装技術、顔料の選定などに奔走したカラーデザイナーの伊藤さん(写真右は筆者)。

  • 120年余の歴史をもつ猟銃メーカーが本杢ステアリングを担当。猟銃製造で培った研磨技術が遺憾なく発揮された。

加工と塗装、匠の技が結集した「世界にひとつの仕様」

本文を読む

ちなみに、この本杢のステアリングリムの製造を担当するのは、猟銃の台座などの製造を手掛ける高知の木材加工会社だという。

「本当はまるごと切削してもらえればと思うんですが、全周ウッドリムというのも現代的感覚ではスポーティなイメージとは相反することになってしまう。それに今日びの車はステアリングに様々な機能が持たされていて、加工が難しいというのもあります。結果的に上縁部になりましたが、まぁ一番目につく一等地を用意してもらったかたちですね」

しかしそこは、直射日光にも晒されやすい厳しい環境でもあるわけだ。その部位に天然の藍顔料を用いるというのも相当な苦労があったのではないかと察せられる。

「確かに藍は繊細な特性で水気にも弱く、空気に触れて色味が変わったりもします。衣料の藍染めなんかはまさにそうですよね。但しI Blueに用いた顔料にはそういう特性はなく、顔料そのものが発色してくれています。光の種類や色によって、藍の様々な表情が味わえる。これは科学的な顔料ではなかなか出せない風合いです。工程としても削り出した本杢リムに染めを入れるのもひとつずつ、職人さんの手作業になりますから、世界にひとつの仕様ということになりますね」

もちろんひと通りの経年変化試験は重ねたものの、果たして本当にものになるのだろうか……と思ってたら意外とあっさり加工会社からOKが出ちゃったんで、あんまり苦労話みたいなのはないんですよねと伊藤さんは苦笑する。が、車のオーナメントとしては異例なほどオーガニックなそれを形にするという、作り手の強い想いがなければ、それは恐らく世に出ることもなかったわけだ。そしてステアリングの頂上に、全体と溶け込むように配された藍色は、レクサスの想いとなってドライバーに自らの美意識を力強く語りかけている。

渡辺敏史

わたなべ としふみ

1967年福岡県生まれ。二輪・四輪誌の編集を経て、フリーランスの自動車ジャーナリストに。以来、自動車専門誌にとどまらず幅広いメディアで活躍。その緻密な分析とわかりやすい解説には定評がある。著書に『カーなべ』などがある。
本誌「レクサスを語る」連載中。
URL:https://moment.lexus-fs.jp/member/interview/

Profile