• Lexus Financial Service

Lifestyle

上手い人が「ローバウンスウェッジ」を使うのはなぜ!? アマチュアの“バウンス選び”をシングルさんが考えた

サンドウェッジにはソール面にバウンスと呼ばれるでっぱりがつけられています。そこが先に地面に触れることで、クラブが砂(地面)に突き刺さらずに抜けてくれ、砂ごとボールをバンカーの外に出してくれる手伝いをしてくれるわけですね。

プロや上級者もバウンスを使ってる

ウェッジには多かれ少なかれバウンスが必要とされますが、悩ましいのは、ウェッジにはローバウンス、ハイバウンスが選べる点。一体どちらを選ぶべきなのでしょうか。

考えたいのが、プロや上級者はなぜローバウンスウェッジを使うケースが多いのかです。これに関して多くの人は「上手い人はバウンスが必要ないから」と考えがちですが、実はそれは誤解です。

プロのプレーを間近で見たことのある方はご存知かと思いますが、プロはバンカーやアプローチなどで、ときに驚くほどフェースを開きますよね。そして、ウェッジの構造上フェースを開くとバウンスは大きく出っ張ってきます。プロは時と場合によってバウンスをみずから作り出しているんです。

プロの技術があれば、アプローチの振り幅でボールにクリーンにコンタクトするのは難しくありません。なので、スクェアに構えたときにはバウンスの助けを借りる必要がありません。なので、ローバウンスウェッジのほうが使い勝手がいいのです。

画像: ウェッジのソールの出っ張り「バウンス」はどう選ぶ?
ウェッジのソールの出っ張り「バウンス」はどう選ぶ?

一方のアマチュアは、フェースを開くのが得意ではないことが多いです。そのため、フェースを大きく開かなくてもバウンスが効いてくれるハイバウンスが都合がいいんです。スクェアに構えて使う場合に多少のダフりのミスを軽減してくれる効果もありますからね。

そして、バウンスはリーディングエッジではなくソールから先に地面に接地させる、いわゆる「ソールを使う」ことができてはじめて活きてきます。なので、「ソールを使う」という感覚が得られるまでのオススメはやっぱり12度以上のハイバウンス。

プロや上級者でもハイバウンスウェッジを使う人はいます。スウィングとの相性もあるので一概には言い切れないのですが、ソールから接地させたり、ソールを滑らせたりといった、「ソールを使う」感覚を得られて、ソールがつっかかるなあとか、ソールが跳ねて邪魔だな、と感じられるようにもしなったら、ローバウンスを試す。これがいい方法だと思います。

低スピンで飛ばしたい人、必見!ドラコン大会直前、ユージのドライバーショットを高島早百合が最終チェック!どこを変えたのか?!
youtu.be

出典:みんなのゴルフダイジェスト

2021 Summer

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。