Lifestyle

プロもアマチュアもいまだに使い続ける人が多い名器
「G410 PLUS」をシャフトチューニング

全国から問い合わせが殺到するという知る人ぞ知る人気ショップ「ゴルフステージ成城」。クラブナビゲーターの吉田朋広氏に飛距離アップできるヘッドとシャフトの組み合わせを教えてもらった。今回は名器「G410 PLUS」!

今回はいまだにエースドライバーとして使っている人も多いのではないでしょうか? ピンの「G410プラス」のもっと飛ばせるマッチングを考えようと思います。重めのヘッド重量と最大級の慣性モーメントをもつクラブ。

渋野日向子プロの活躍との相乗効果で大人気となったドライバーです。渋野プロの人気に便乗したのではなく、クラブとしても素晴らしく、フェースのどこで当たっても飛距離が落ちにくく、打感も軟らかめでいいドライバーです。愛用者の多い「G410プラス」ですが、純正シャフト「ALTA JCB」のできもよく、このまま使ってもいいと思います。でも、純正では物足りない、という人に「G410プラス」のパフォーマンスをアップさせるシャフトチューンです。

画像: 大ヒットした人気ドライバーに最新シャフトに組み合わせることで飛ばしに磨きがかかる
大ヒットした人気ドライバーに最新シャフトに組み合わせることで飛ばしに磨きがかかる

まずオススメするのは、三菱ケミカル、ディアマナの最新作「ディアマナPD」です。シャフトはしっかりした、ずばりアスリートゴルファー向けシャフト。「G410プラス」のようにヘッドが重めで慣性モーメントが大きいヘッドでも、インパクトで当たり負けせずに、ヘッドを飛球線方向にしっかり押し込め、スタビリティ性能の高いマッチングです。

シャフトは手元の剛性が高いため、切り返しでシャフトの手元をしならせることができるスウィングのしっかりしたゴルファーなら、ドローやフェードと打ち分けられて、中弾道のロースピンボールで飛距離アップを狙えます。ほかのヘッドではシャフトがハードに感じるのに、このヘッドと組み合わせると、しなりが感じやすくなるのです。

画像: 最近発売されたシャフトの中ではハードに感じる「ディアマナPD」
最近発売されたシャフトの中ではハードに感じる「ディアマナPD」

「ディアマナPD」は40グラム台~80グラム台までありますが、全重量帯同じタイミングで振っていけるという珍しいシャフト。フレックスSでも比較的硬めです。

しっかりシャフトを使える方はSやさらに硬めのフレックスでも気持ちよく振り抜いてもらえると思います。切り返し時に手元側が硬く感じるゴルファーならば60グラム台なら6SR、50グラム台なら5Rをオススメします。

いっぽうスウィンガータイプのゴルファーには別のシャフト「FSP FM HD& SD」をオススメしたいですね。このシャフトは「和宏エンタープライズ」が純正シャフトで物足りなさを感じているプレーヤーに向けて、スリーブ式大型ヘッドをベンチマークにして開発したシャフトです。先端部を強化して当たり負けない先端剛性にしています。

画像: ブルーの文字が「FM HD」、オレンジが「FM SD」。どちらもリシャフトして満足できるシャフトだ
ブルーの文字が「FM HD」、オレンジが「FM SD」。どちらもリシャフトして満足できるシャフトだ

ヘッドスピードが決して速くないアマチュアゴルファーがヘッドの性能を発揮できると評判です。「FM HD」はヘッドスピードが速くなくても自分でタメを作れるプレーヤー、自分でボールをつかまえられる人向きで叩いてもボールの吹け上がることなく、しっかり飛ばせます。

「FM SD」はトップでタメが作れなくてもシャフト自体が切り返しのタイミングを作ってくれます。「G410 プラス」のような大型ヘッドでもフィニッシュまで爽快な振り抜きが得られます。

どちらも1フレックス、Sのみの展開ですが、幅広いゴルファーが使える仕様になっています。

出典:みんなのゴルフダイジェスト

2022 Spring

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。