Lifestyle

パー3でミスする理由がここにあり!? ナイスショットを生むティアップのやり方【初心者ゴルファーがスコア『120』を切るためのゴルフレッスン】

スコアが110台くらいになると、プレーにリズムが生まれ、ゴルフがさらに楽しくなってくる。その状態に達するために初心者ゴルファーが「スコア120」の壁を越えるにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は、パー3ホールでのティアップのコツについて紹介!

ドライバーのように高くティアップするのはNG

「120が切れないゴルファーで、パー3ホールでのミスが多い人は、もしかしたらティアップが高すぎのかもしれません」とプロゴルファー・兼濱開人は話す。

「アイアンの場合、クラブの芯はボールを打つフェース面の真ん中より下にあります。そうすると高くティアップした時点で、地面とボールとの距離が離れ、芯に当たりにくくなってしまいます。また、ティアップが高いと、ボールが当たるインパクトでフェースが上を向くアッパーブローと呼ばれる打ち方になりやすいのもデメリットです」

アイアンの芯はフェース面の真ん中より下にある。だからこそティアップが高すぎるとミスにつながるやすくなると兼濱

本来アイアンは、アッパーブローとは逆のゆるやかなダウンブロー軌道でボールをとらえるのが良いとされる。しかし、ティアップが高すぎるとダウンブローに打つのが難しいため、アッパーブロー(というか“アオリ打ち”)のスウィングになってしまう。これだと、最悪空振りまであり得る。

もちろん120を切りたいゴルファーが毎回同じようなインパクトを迎えられるわけではない。しかし、ティアップひとつでミスの確率は減らすことができるのだ。知らないより知っておいたほうが、やらないよりやったほうが絶対に得をするのが正しいティアップのやり方だと言える。

では、一体どのくらいの高さにセットするのがいいのだろうか?

「初心者ゴルファーの多くがドライバーと同じ感覚でティアップしがちですが、アイアンやユーティリティなどパー3でよく使うドライバー以外のクラブは『ボールを少し浮かせる』というイメージでティアップしていきましょう。つまり、ティのボールを乗せる、お皿の部分が見えるくらいまでしっかりと地面に差し、その上にボールを乗せるんです」

写真左のように「ちょっと浮いていて打ちやすそう」と感じるくらいのティアップも高さが理想的

つまり、ティペグの軸の部分はほぼ地中にある状態だ。「フェアウェイにあるボールが、ちょっと浮いていて打ちやすそうだなと感じる、その浮き具合が理想的」だと兼濱はいう。

そんなちょっとしかティアップしないのであれば、そもそもティアップしなくてもいいのでは?とも思えてくるが、兼濱いわく「絶対にティアップはするべき」だと話す。ほんのわずかにティアップしていることで、ミスへの許容性が高まるからだ。

ティアップといっても、ドライバーとそれ以外のクラブでは高さは大きく違う。高くティアップするのはドライバーだけ。それを覚えておこう。

【初心者向けレッスン総集編】高島早百合が教える!アイアンの構え方からスウィングまで
youtu.be

出典:みんなのゴルフダイジェスト

2021 Summer

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。