Lifestyle

One & Only
愛でて美しく、座って快適
知る人ぞ知るデザイナーズチェア

家族団らんでゆったり過ごすディナー、グラスを傾けながらひとりで物思いにふけるリラックスタイム、仲間との語らいの時間。「小さな建築」とよばれる椅子は、日常のあらゆるシーンに寄り添っています。今月はニューノーマルなライフスタイルにおいて、その寛ぎをスタイリッシュに叶えてくれる不朽の名品をご紹介します。

「テーブルと椅子、フルーツとバイオリン。このほかに、人が幸せであるために必要なものがあるだろうか――」とは、相対性理論を生み出した“現代物理学の父”アルベルト・アインシュタインの言葉。

毎日の暮らしを支えてくれる椅子は、道具としての機能だけでなく住まいの空間に彩りを持たせてくれるもの。それは、自宅で過ごす時間が長くなった今、インテリアにおいて重要なマテリアルとして注目を集めています。そこで、常にハイ・クオリティなものにこだわる方に提案したいのが「愛でて美しく、座って快適な」デザイナーズチェアです。

デザイナーズチェアは、18世紀末にイギリスで起こった産業革命後、粗悪な工業製品が出回ることに対してデザイナーのウィリアム・モリスらが起こした工芸運動「アーツ・アンド・クラフツ運動」をルーツに持ちます。その後、19世紀にオーストリアのミヒャエル・トーネットが曲木椅子を発表したのを機に、デザイナーの哲学や個性を宿したデザイナーズ・チェアが生み出されるようになりました。

シンプルでありながら高い技術と歴史を感じるトーネットの「ベントウッドチェア」や、“オブジェのような椅子”と称されたイームズ夫妻の「ワイヤーチェア」、20世紀の三大建築家のひとりであるフランク・ロイド・ライトの「ロビーチェア」……世界中でクリエイトされた最高峰のデザイナーズ・チェアは現代も多くの人を惹きつけてやみません。日本でも戦後のインダストリアルデザインを確立した柳宗理の「バタフライスツール」が海外で高い評価を得ています。

時を超えて愛されるデザイナーズチェアの中で知る人ぞ知る名作がWalter Knoll(ウォルター・ノル)の「FK LOUNGE Armchair」です。デザイナーのプレーベン・ファブリシャスとヨルゲン・カストホルムの頭文字を冠したこちらは、1961年にドイツで生まれました。風格漂うレザーシートのフォルムとスタイリッシュなアルミの脚部が美しく、世界中のVIPラウンジや美術館などで採用されています。

Walter Knoll「FK LOUNGE Armchair」

価格
871,200円(税込み)
サイズ
W810×D780×H840×SH410mm

同じヨーロッパブランドでもフィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトの家具ブランドArtek(アルテック)の「アームチェア 41 Paimio」は、アートとテクノロジーが融合した先駆的な作品。アアルトの代表的建築、パイミオのサナトリウムのためにデザインされたこのアームチェアは、成形合板を使った斬新な座面が「材料革命」と評され、20世紀を代表する名作椅子となりました。革新性に富んだデザイナーズチェアは、生活空間を豊かにするだけでなく、人生をも豊かにしてくれます。

Artek「アームチェア 41 Paimio ホワイト」

価格
480,700円(税込み)
サイズ
W600×D800×H640×SH330mm

問い合わせ先
YAMAGIWA
TEL:03-6741-5800
ウェブサイト:www.yamagiwa.co.jp

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2021 Spring

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。