Lifestyle

watchOS 7.3公開!
Apple Watchで
心電図の計測(ECG)が可能に!

1月27日早朝に、watchOS 7.3とiOS 14.4が公開されました。これにより、日本でも心電図アプリケーションと、不規則な心拍の通知機能が使えるようになりました。USに遅れること約2年4カ月で、この機能がローンチされた背後には、日本の厚労省との地道な折衝、臨床試験などの積み重ねがあったものと思われます。

心房細動を示唆する不規則な心拍などは、計測できる時とできない時があるので、病院に行って計測しても、その時に症状が出ていないと感知できないことがあります。いつでも身につけているApple Watchなら、その症状を検知して通知することができます。

医療機関の人が、その通知を頼りに診断するためには、この機能が厚労省に承認されている必要があり、そのハードルをようやく乗り越えられたということです。

SEは対応せず

これらの機能を利用するには、watchOS 7.3とiOS 14.4にアップデートする必要があります。対応機種は、心電図アプリケーションがSeries 4、5、6。Series 3以前の機種や、SEが対応していないのは、電気心拍センサーを装備していないから。従来の、光学式心拍センサーは単純な脈しか取れませんが、電気心拍センサーはより詳細な脈動のデータを取れるという違いがあるよう。不規則な心拍の通知機能はwatchOS 7.3がインストールできれば使えるので、対応機種であるApple Watch Series 3以降で使えます。

『不規則な心拍』はバックグランドで計測される

アップデートをして、iPhoneのヘルスケアアプリを立ち上げると、不規則な心拍の通知を行うかどうか聞かれます。この機能は、心房細動(AFib)の徴候がないか、バックグランドでユーザーの心拍をチェックするもの。安静状態が続いている時に、最低65分以上の時間をかけて5回の心拍リズムのチェック。不規則なリズムがあると、ユーザーに通知してくれて、医療機関の受診を促される―これで救われる命があるはず!

できることと、できないことをしっかり学習しよう
心電図は、Apple Watchのアプリで計測する。

アプリを立ち上げると、心電図アプリケーションの機能と、その診断結果の活用方法について詳細な説明が行われます。心房細動のチェックはされますが、心臓発作を見つけることはできない、血栓や、脳卒中を検知することはできない……などの機能についての詳細が解説されています。どんな機能があるのかを、ユーザーがしっかりと理解把握することが必要です。
アプリを立ち上げ、指をデジタルクラウンに当てるように指示されます。そのまま30秒間計測が行われ、Apple Watch背面の電気心拍センサーと、デジタルクラウンの間で、電気の流れが計測されるので、指は30秒間保持しておくようにしましょう。

これにより、心電図が計測されます。これは健康診断などで使われる、12電極で計測される第1誘導心電図に相当するデータとして活用できます。Apple Watchでその時の気分(めまいがする、疲労感があるなど)を追記して、それがヘルスケアアプリに保存されます。結果は、4種類に分類して表示さて、必要に応じて、医療機関の受診が促されます。このデータはいつでもPDFで出力して、医療機関などに提出することができます。

これまで、SEに対して、Series 6の優位点は価格差ほど多くはなかったですが、心電図アプリ、血中酸素ウェルネスの計測など、ヘルスケア面での機能の差が、最上位モデルならではの優位点として浮き彫りになったといえるでしょう。

出典
flick! digital (フリック!デジタル) 2021年2月号 Vol.112

Access to moment DIGITAL moment DIGITAL へのアクセス

認証後のMYページから、デジタルブック全文や、
レクサスカード会員さま限定コンテンツをご覧いただけます。

マイページ認証はこちら※本サービスのご利用は、個人カード会員さまとなります。

LEXUS CARD 法人会員さまの認証はこちら

2021 Spring

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。