申し分のない設備やサービスに加え、個性と風格、逸話を有する宿。
「名門の宿」は世界各地のホテルや旅館を体験したmoment編集室によるセレクションでお届けします。

名門の宿 第1回
ベルモンド パラシオ・ナザレナス クスコ(ペルー共和国)

BELMOND PALACIO NAZARENAS

撮影・星 武志 文・moment編集室

ペルー初の世界遺産に登録された町、クスコのラグジュアリーホテル。

ペルー初の世界遺産に登録された町、クスコのラグジュアリーホテル

本文を読む

ペルー共和国でユネスコの世界遺産に登録されているのは、マチュピチュの歴史保護区をはじめ全部で11カ所。その中でいちばん最初のものは、1983年に世界文化遺産に登録されたクスコ市街である。インカ時代の精巧な石組みと、赤瓦をはじめとするスペイン風の建物が融合する町並みが評価されてのことだった。その中央広場からほど近くに立地するラグジュアリーホテルが、ベルモンド パラシオ・ナザレナスだ。

ベルモンドとは、世界各地でラグジュアリーホテルや豪華列車、リバークルーズを有し、ハイエンドな旅を提供しているブランドである。ペルー国内では、首都リマやクスコ近辺に計5つのホテルがある。そのひとつ、ベルモンド パラシオ・ナザレナスは、かつての宮殿と僧院を修復した、いかにもクスコらしい趣ある5スターホテルである。

本文を読む

55室の客室はすべてスイートで、ゆったりとしたスペースに寝心地のいいベッド、インカ風のファブリックを用いたインテリア、標高3400メートルと高地に不慣れな旅行者にうれしい酸素供給システム、24時間バトラーサービスも完備されている。ペルー産大理石で覆われた床暖房付きのバスルームには、入浴用のハーブ入りの袋が置かれ、「利用の際には客室専従のバトラーにご用命ください」、とメッセージがある。電話をすると、ほどなく煮出し用のグッズ持参でバトラーが現れ、手際よくハーブバスを用意してくれる。かぐわしい香りのバスタブに身を沈めながら、奥深いインカ古来の文化に思いを馳せたい。

レストラン「センソ」は、リマにある世界的な有名レストラン「セントラル」のスターシェフ、マルティネスが指揮している。このレストランで食事をするためだけに、ペルー国内外から訪れるゲストもいるというだけあって、アンデスならではの料理のほかインターナショナルな料理すべてにレベルが高い。

朝食のレストランでは、スタッフがその場で作って供する「ウチュクタ」も忘れずに。数種類の唐辛子や岩塩、香草を刻んですりつぶした薬味で、山岳地帯固有のものだという。パンやソーセージにつけていただく。辛み、酸味などが複雑かつ独特でクセになる味わいだ。

カメラマン・プロフィール

ほし たけし◎1968年新潟県生まれ。写真家。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業後、写真家の金子雄爾氏に師事。92年に独立。エディトリアル、広告両分野で活動している。

Belmond Palacio Nazarenas

ベルモンド パラシオ・ナザレナス

住所:Plaza Nazarenas 144, Cusco, Peru
電話:51-84-58-2222
URLhttp://www.belmond.com/palacio-nazarenas-cusco/

(2015年11月)