Lifestyle

「ハンドファースト」にこだわり過ぎない!!
まずは覚えたい“よい叩き方”を身に付ける方法
【初心者ゴルファーが『120』を切るためのゴルフレッスン】

ゴルフには“スコアの壁”がつきものだが、それは始めたばかりのゴルファーも同じだ。初心者ゴルファーが「スコア120」の壁を越えるにはどうすればいいか? プロゴルファー・兼濱開人が状況別に解説。今回は「ボールのよい叩き方」を見つける方法を教えてもらおう。

地面にあるボールを打つアイアンショットで飛ばすためには、クラブヘッドよりも手元が先行するハンドファーストな状態でインパクトしよう。ゴルフを始めたばかりのビギナーでもレッスン記事や先輩ゴルファーから、このような教えを聞いたことがあるのではないだろうか。

もちろんこの教え自体は間違いではないのだが「ただハンドファーストの形を作るだけではあまり意味がないんです」と兼濱。

「そもそもハンドファーストでインパクトすること自体が大切なのではなくて、“よい叩き方”ができているかどうかが重要なんです。モノを叩く動作がちゃんとできていれば自然と適切なハンドファーストの度合いが作られていきます。むしろ、ただ形だけにこだわって手元が先行しているだけの状態を作ってしまうと、インパクトでフェースが開いて右へのミスの原因にもつながってしまいますよ」(兼濱、以下同)

画像: ハンドファーストにこだわり過ぎず、“よい叩き方”ができているかを重視してほしいと兼濱は言う
ハンドファーストにこだわり過ぎず、“よい叩き方”ができているかを重視してほしいと兼濱は言う

もっと言うなら、ゴルファーごとのヘッドスピード、使う番手、傾斜やライなど、さまざまな要因によって適切なハンドファーストの度合いは変わってくるという。だからこそ、ヘッドに対してこれだけ手元が先行していれば万事オッケーといった一義的な正解はないわけだ。

そのうえで自分にとってよい叩き方=適切なハンドファーストの目安を見つけるためにはどうすればいいのだろうか。兼濱は「モノを叩きやすいポジションは人それぞれ違うので、まずはそれを見極めましょう」という。

「オススメなのは、インパクトバッグを思い切り叩いてみること。右手打ちであれば右手だけでクラブを逆さに持ち、手首のスナップを利かせながら、どう叩いたらバンッと大きな音が出るかを試してみてください。もちろん手だけで叩くのではなく、実際のスウィングのように手首の動きだけでなくカラダ全体を使って叩いてくださいね」

画像: クラブを逆さに持ち、グリップ側でインパクトバッグを叩いてみよう。このとき、強く叩ける手首の角度が自分にとって適切なハンドファーストの度合いを決める目安になるという
クラブを逆さに持ち、グリップ側でインパクトバッグを叩いてみよう。このとき、強く叩ける手首の角度が自分にとって適切なハンドファーストの度合いを決める目安になるという

何度か叩いてみて、力強く叩けたと感じたときの右手首の角度に注目してほしいと兼濱。

「このときの右手の角度が、自分の強くモノを叩けるポジションというわけです。これを参考にハンドファーストの度合いを決めていくといいですよ」

加えて「左手だけでも同じように叩いてみてください」という。

「右手のときと同じように強く叩けるポジションを探して、そのときの左手の角度を保ったまま、手元をアドレスの位置に戻してみましょう。それがスクエアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップ、3つのグリップから自分に合う握り方を見つける目安になりますよ」

画像: 左手でも同じようにインパクトバッグを叩いてみよう。このときの左手の角度がグリップを決める目安になる
左手でも同じようにインパクトバッグを叩いてみよう。このときの左手の角度がグリップを決める目安になる

兼濱の教えてくれたことを実践してみたら、意外とハンドファーストにならなかったという人もいるはず。「アイアンでもハンドファーストにしないほうがいい方もいますので全然問題ないですよ」と兼濱は言う。

もちろん“アイアンはハンドファーストでインパクト”も間違っていないが、それよりもまずは“叩ける感覚”を掴むことから始めてはいかがだろう。

出典:みんなのゴルフダイジェスト

2022 Summer

レクサスカード会員のためのハイエンドマガジン「moment」のデジタルブック。
ワンランク上のライフスタイルをお届けします。