イベントレポート 第7回

ニコライ バーグマンによる
フラワーワークショップ

(2018年12月7日実施)
写真・和田大樹 文・児玉源太郎

表参道の街並みが幻想的に輝き、ラグジュアリーなムードに包まれた12月7日。ステージ4・5会員さま向け特別企画の1つとして、スカンジナビアンスタイルのセンスと細部にこだわる日本の感性をフラワーデザインに融合させたユニークな作品を発表し続けているフラワーアーティスト、ニコライ バーグマン氏によるフラワーワークショップを開催いたしました。高級ブランドショップやヘアサロンが立ち並ぶ南青山の一角にある「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップストア」にて、この日のためだけに用意されたスペシャルなプログラムで、華やかな体験と心ときめくひとときを楽しまれた会員さまのご様子をお伝えいたします。

12月にもかかわらず最高気温が16℃を記録した暖かな週末の昼下がり。まずはアマリリスやローズなどクリスマスならではの花々が香る店内横の階段から2階の会場へと参加者さまをご案内。テーブルにはオリジナルフラワーボックスの花がセッティングされ、自然と期待感が高まるなか、用意されたコーヒーや紅茶、フレーバーウォーターを飲みながらはじまりのときを待ちました。MCによる進行の確認が終わると、いよいよニコライ氏が会場に登場。爽やかな笑顔に、それまで緊張していた参加者さまの表情も和らぎ、会場が穏やかな空気に包まれました。まずは、ニコライ氏によるデモンストレーションからスタート。「もっと近くで見てもらいたい」と参加者さまを自身のテーブルへ呼び込み、ニコライ氏を取り囲むフランクなスタイルで進められました。

フラワーボックスが誕生した経緯や今後予定している展開などを、ユーモアを交えて話された後、ニコライ氏自らがフラワーボックスのつくり方をレクチャー。ボックスに隙間なく花を敷き詰める方法、美しいコントラストをつくるコツなど、フラワーボックスづくりの極意が惜しみなく披露されました。華麗な手さばきで花を敷き詰めていく姿は見ているだけで美しく、参加者さまもその一挙手一投足に目を光らせ、メモや写真におさめていました。デモンストレーションが終わると、いよいよ参加者さまが体験する時間。「花と箱の高さを合わせることが大事です。さぁ、どうぞ!」というニコライ氏の掛け声とともに各々のテーブルに戻り、3種類のスプレーカーネーションとスプレーローズ、そして、金色のオーナメントを使ったフワラーボックスづくりが始まりました。

ニコライ氏のアドバイスをもとに、まずは箱の高さに合わせて花をカットしていく皆さま。完成までの工程はそれぞれ異なり、1本1本切っては挿す作業を繰り返す方もいれば、すべての花を切り揃えてからまとめて挿していく方も。テーブルを見回りながら、少しでも悩む方を見かけたら声をかけたり、優しくアドバイスしてくれたり、参加者さまにはニコライ氏が自分のためだけに隣で手ほどきしてくれる贅沢な時間をご堪能いただきました。

箱を持ち上げて花の高さが合っているかを確かめ、完成が近づくにつれて真剣な表情を見せる方も増え、クリスマスソングが流れるスタジオにはフレッシュフラワーの華やかな香りが立ち込めていきました。できあがった人から作品を持ってニコライ氏と記念撮影。完成したフラワーボックスはリボンを付けてお渡しし、お持ち帰りいただきました。

フワラーボックスづくりを体験した後は、会場となったお店の前にある「サマーバード オーガニック」へ移動。お店を出る頃には夕刻を迎え、店舗のきらめくイルミネーションがロマンチックな時間を演出してくれました。クリスマスツリーやリースのフラワーアートが飾られた「サマーバード オーガニック」では、デンマーク政府認定の100%オーガニックのチョコレートでつくるバニラとストロベリーの「ミニクリームキス」や「miniスモーブロ」をご用意。シャンパングラスに注いだエルダーフラワードリンクとともにお楽しみいただきました。途中、ニコライ氏も会場に登場して自身が惚れ込んだチョコレート「サマーバード オーガニック」の魅力をご紹介。参加者さまは「ミニクリームキス」のベースがマジパンでできていると知り、日本の一般的なマジパンとはまったく異なる美味しさに驚きの声があがっていました。

ラグジュアリーなティータイムを満喫し、会場を後にされる皆さまからは「無心になってフラワーアートづくりを楽しめた」「初めてで難しかったけれど上手と褒めてもらえてうれしかった」「ニコライさんが気さくな方で、直接お話ができたのがうれしかった」「スイーツも美味しくて最高の1日でした」などの喜びの声をいただきました。

当日のプログラムはここで終わりですが、今回のワークショップのお楽しみはまだつづきがあります。実は参加者さまにはこの日、お好きな色味を選んでいただき、その色味のブーケがご自身の誕生日や指定された日に届くことになっています。後日、贈られてくる華やかな香りは、きっとニコライ氏と過ごした特別な1日を思い出させてくれることでしょう。