イベント報告 第1回

2015年8月6日(木)〜8月17日(月)実施旅行日程表PDF]

極上アマゾン・リバークルーズとペルーの豪華列車で行く
世界遺産マチュピチュの旅 12日間

文/写真・津屋雅彦(トラベルプランナー)

  • TOP
  • イベント報告
  • 極上アマゾン・リバークルーズとペルーの豪華列車で行く 世界遺産マチュピチュの旅 12日間

夢のペルー旅の前半はアマゾン河の豪華クルーズ

8月6日23時40分、遥かなる南米のペルー共和国の首都リマの空港に到着。長距離フライトにもかかわらず、参加者5名の皆さまはお元気でした。しかしさすがに深夜の到着なので、空港ビルから徒歩3分のエアポートホテルにチェックインし、早めにおやすみいただけたのは好評でした。

翌朝は本来リマの市内観光に出かけた後に空港に戻り、午後アマゾンの中心都市イキトスへ飛ぶ予定でしたが、私の判断で観光は最終日の自由時間に延期し、未知のアマゾンへ向かう緊張を解きながら、空港のホテルでゆっくり準備をしていただきました。

そして、アマゾン河畔到着。ひときわお洒落な姿を水面に映す小さなクルーズ船へ乗船。熱帯とは思えない快適豪華な設備に皆さま安堵し、アマゾンを楽しむ気持ちがパワーアップ。3泊4日、毎食都会の高級ホテル並みのグルメを楽しみ、毎日朝と午後にはエクスカーション・ボートに乗り、美しい鳥や珍種の動物等に出会いました。大空を飛ぶカラフルで大きな金剛インコ、本当にスローなナマケモノを肉眼でも確認できました。ピンクドルフィン探しやピラニア釣り、中にはアマゾン河で泳いだ方も。皆さま、童心に返って楽しんでおられるご様子でした。

後半のハイライト、憧れのマチュピチュへ

旅の後半は、いよいよペルーの真髄インカ帝国の故郷へ。到着したのはかつてのインカ帝国の都クスコです。空気が薄い高地に皆さまは緊張しながら初めて降り立ちましたが、気分は良好で相変わらず楽しそうに町を歩かれ、用意したミニ酸素ボンベも不要。しかしこんな時でも、油断は禁物です。ゆっくり歩いていただくように注意喚起をしながら見守りました。高地に長く滞在しては高山病のリスクが高くなるので、予定通り早めに専用車で聖なる谷へ下りました。そして“ペルーのオリエント急行”と称される豪華列車に乗車し、一流レストランのような雰囲気の中、美味しいコースランチとワインを楽しまれました。

日本人がペルーに行く最大の目的であり、憧れの地でもある世界遺産マチュピチュの遺跡を眼前にされた際は「ついにこの場所にたどりついた!」という喜びと満足に浸り、感動されました。毎回その姿を変えるマチュピチュの風景ですが、この時は谷間から白い雲が沸き上がり、ワイナピチュにたなびいている神秘的風景を見られました。遺跡を去り際には二重の虹が現れ、皆さま歓声を上げられました。遺跡見学の後は、蘭の花やハチドリに出会える森にあるインカ風ロッジのジュニアスイートでお寛ぎいただきました。通常のツアーでは使わない一流ホテルに皆さま、大満足でした。過酷な大自然と隣り合わせのアマゾン河の後に快適な旅のおかげで、安心してペルーの歴史と伝統を純粋に楽しめたとコメントをいただきました。

ふたつのサプライズ演出、そしてもうひとつ……

とりわけ、サプライズの演出を喜んでいただいたのは、ふたつのお弁当でした。まず首都リマで滞在した最高峰ホテル、ミラフローレスパークのお部屋に地元で人気の高級和食店「マイド」のお弁当を特別に手配いたしました。ホテルのルームサービスが味噌汁を温め直して器に入れ、薔薇の一輪差しを乗せた銀のトレーで、颯爽とお届けしました。そしてマチュピチュへ向かう聖なる谷をドライブ途中、山と谷を望む展望台でお出しした、クスコ在住の日本人に作ってもらったおにぎり弁当。心のこもったおにぎりと美味しいおかずに皆さま感激の面もちでした。

もう一度リマに戻りました。深夜出発の帰国便のため、皆さまの体調を考慮して今回は事前に空港ホテルのお部屋をお取りして、ぎりぎりまでお使いいただきました。お疲れの方もおられると思い、夕食はあえて皆さまご一緒に摂らずに空港の売店やカフェでテイクアウトなどご自由にしていただくことをご案内しましたが、皆さまから最後の食事こそ一緒にしたいのでホテルのレストランを予約してほしいとリクエストがありました。そして乾杯の際、あるお客さまから「実はこうして集ったのは、ツアーが終了する前に是非津屋さんをねぎらいたかったからなんですよ」と告げられ、思わず感激しました。近頃はお客さま個人個人の旅の目的を考慮してご自由にしていただくことが多いので、このようなご配慮をいただくのは本当に久しぶりでした。皆さま、ありがとうございました。(2015年11月)

つや まさひこ◎1959年鹿児島県で生まれ、岐阜県で育つ。NZクライストチャーチ留学後、83年神戸市外国語大学ロシア学科卒業。大手旅行会社に入社後、添乗員、プランナーの経験を積む。97年独立し、トラベルコンサルティング会社「オフィス旅工房」を設立。富裕層向けのトラベルプランナー&ライターとして活躍中。